住基カード、不正取得できるなんて...

| コメント(2)

最初に報道されたときから気になっていました。

asahi.com : 佐賀の住基カード不正取得事件で男逮捕 借金したと供述
...やっぱり借金ですか。まだ額が少なかったのが不幸中の幸い?

このカードがあれば、これからは様々な行政サービスが簡単にできるようになる訳です。パスポートを申請したり、自治体によっては印鑑証明を出してもらったり...。これをきっかけに、逆に悪事を考える人が増えてしまうのではないでしょうか?独り暮らしのお年寄りの方々も狙われるかもしれないですね。手口としてオレオレ詐欺よりもやりやすいかも。

総務省の住民基本台帳ネットワークシステム

私はあまりテクニカルなことは詳しくありませんが、テクニカル的に外部から侵入できないとしても、一番危険なのは「人間」だなあといつも思います。

長野県の実験で、庁内LANから侵入できるという結果に総務省が怒っていたようですが、あり得ないわけではないですよね。担当部署の職員の皆さんも、全員信用出来る人だと思いたいですが、そうでないこともあるでしょう。パスワードを知っている担当の人、パスワードをこっそり調べた同僚...。内部の犯行は別の次元だとは思いますが、これからは全国規模の名簿が流出するということですから。

これからは住基カードさえ手に入れられれば、不正入国者も簡単に日本人になれる...ということですし、他人が私の住基カードを取得しているかもしれないなんて...。

そもそもが「アナログ」な本人確認作業の不備なのでしょうが、本人確認をするための住基カードの発行なのですから、くれぐれも厳格に確認作業をしていただきたいものです。

コメント(2)

落としてた役場が私の家から10分なところ…。
なんか複雑な気分。

そうでしたか...身近に起きるとさらに心配ですね。

ドジな犯人が、たまたま落とし物にしてしまったからわかった、というのもどうも心配です。落とさなかったら、どうなっていたのでしょう。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年2月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マクドナルドとはほんとにびっくり〜原田社長」です。

次のブログ記事は「くみこさんのProject X (1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。