アルミフレームのStudio Display

KawaさんのThe Road Ahead発のエントリーで、アルミフレームのStudio Displayを見ることができます!

個人的には今までのクリアなStudio Displayが好きだったので、ちょっと寂しい気もしますが、本体とのバランスを考えると当然こちらでしょう。

PowerMac G5のスペックもどんどん具体化されてきて、いよいよ来週3/23発表が濃厚ですね。でもなんだかインパクトが薄いのが気になります。これだからG5を使いたいと思わせる何かがもう少し欲しいなあ。


持ち歩けるPowerBook G5が出たら買っちゃいそうなんですが、こちらはまだまだ先のようなので、無駄遣いせずにコツコツお金を貯めておこうと思います。

トラックバック(1)

新しいG5と共に発表されるかも知れない新しいDisplay。 アルミ採用でスタイリッシュな予感。( ゚д゚)ホスィ... 続きを読む

コメント(5)

なんだか殺風景な感じもしますが、G5にはピッタリでかっこいいですよね。
このままでるかどうかは分かりませんがかなり引かれちゃいます。
これで値段がなぁ…raizoさんのおっしゃる通りもう一押し欲しいですよね。

「殺風景」...確かにそうですね。

日本の狭小住宅を考えて、本体がもう少しコンパクトになってくれると決心もつきそうです。

Mike Furir Mike 482

Mike Furir Mike 980

Mike Furir Mike 551

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年3月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Type 3.0のテスト始まる...」です。

次のブログ記事は「Six Apart(株)からMovableType 3.0日本語版」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。