鉛筆補助軸使用中

| コメント(0)

グッケンハイムのチビ鉛筆このチビた鉛筆達は、3年前にNewYorkのグッケンハイム美術館のミュージアムショップで買った鉛筆5本セットです。はっきりいって見た目だけ。書き味は全然ダメです。我慢してコツコツ使ってやっとここまでチビてきました。長い道のりだったなあ。

...で、昨日購入の鉛筆補助軸を付けてみました。

鉛筆補助軸使用後
赤がFaber-Castellの高級補助軸。真ん中の青がLyra。(やっぱり軸が曲がってます。)黄緑がタンポポ印。鉛筆もこのあたりまで来ると、電動の鉛筆削りでは削れません。最近はFaber-Castellの鉛筆削りを使用。さぁ、これでもっととことんまでチビチビにつかうぞ〜。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年4月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TAMPOPO印の鉛筆補助軸と渋谷文具の旅」です。

次のブログ記事は「大洋の航海者」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。