イラク犯人グループの思惑

| コメント(0)

先日の続きです。自衛隊がイラクに行った後、とくに大きなトラブルもなく進んでいたので、ニュース性も薄れ、人質事件が起きるまでは関心も無くなってきていました。ファルージャでアメリカ軍の動きが激しくなっても、アメリカが勝手にやっている別世界の出来事のようで、それほど気にしていなかったのも事実です。アメリカ兵がイラクで亡くなるのも日常的になっていましたし。

そう考えると、イラクの現状を世界の普通の人たちに知ってもらうという意味で、この一連の人質事件は成功しているのかもしれません。アメリカ軍と戦うだけではあまり注目してもらえないけれど、人質事件となれば、日本も含めて人質の母国では連日ニュースになります。「あんなところに行くヤツが悪い」という方向に話が進んでいたとしても、多くの人がイラクについて考える機会になっています。

テロとは違う、メディアを使った新しい戦略なのかもと思ったりしました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年4月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「だんだん内容が具体化...New PowerBookなど」です。

次のブログ記事は「佐野元春「in motion2003-増幅」4/21予約開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。