盆火

| コメント(0)

きのうの夕方、都内の細い路地を歩いていたところ、道ばたでおばあちゃんがなにか燃やしていました。一瞬、いまどき東京の真ん中でたき火?と思ったのですが、どうやらお迎え用の盆火だったようです。新盆ですね。

子供の頃は、お盆(うちは旧盆)になると、おばあちゃんが必ず門の前で盆火をたいていました。私たちにとってはついでに行われる花火のほうがメイン。先祖の霊どころではありません。盆火が終わると、家に戻って仏壇の前のお盆ちょうちんに火がともされます。薄暗いちょうちんの灯はなんだか不思議な雰囲気でした。

というわけで、子供の頃のことをいろいろ思い出してとても懐かしくなりました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年7月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気になるキャラ「パンダーゼット」」です。

次のブログ記事は「新しいiMacはディスプレイ一体型?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。