手帳の本2冊

| コメント(2)

今日は気になっていた手帳の本を2冊購入。

手帳200%活用ブック

日本能率協会マネジメントセンター
2004-10-21
売り上げランキング 9
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
こちらは日本能率協会が出してますから、能率手帳中心な紹介ですが、こちらのサイト
Koyomi365 手帳の達人!こだわるビジネスパーソンの新・手帳活用サイト
から生まれた本(というかムック?)のようです。なんだか売れていてベストセラーになっていたので買ってしまいました。びっくりするような内容ではありませんが、いろんな方の手帳の使い方を知ることができます。...しかし...能率手帳だけあって、ちょっと固くておもしろみがないと言えば無いかも。

システム手帳新入門!(岩波アクティブ新書 126)
024948960000 舘神竜彦著

出版社 岩波書店
発売日 2004.11
価格   ¥ 819(¥ 780)
ISBN   400700126X

bk1で詳しく見る  オンライン書店bk1
こちらは一時のブームも忘れられた程、すっかり落ち着いているシステム手帳の新たな手帳術。まだパラパラめくってみただけですが、なんだかこちらのほうが楽しそうです。私のシステム手帳もこれで復活するか?

著者の舘神竜彦氏も、この本の出版を機にブログを始められたようです→舘神blog

この本のコラムで、昔のシステム手帳ブームについて語られています。「リフィル通信」!!!懐かしいです〜買ってましたよ。そうそう、Macintosh Plusが表紙だったのが購入のきっかけだったかも。この本を読んで、あわてて伊東屋に行ってfiloFaxを買ったのでした。その初代のfiloFaxはかなり使いこんだのですが、新しいものに買い替えたとたん、ぱったり使わなくなりました。それはNewton MessagePadを買ってしまったのも1つの原因です。システム手帳以上にかなり重たかったですけどね。

追記:最近私が紹介しようとする書籍はAmazonでは画像がないことが多いのです。私の紹介した本はあまり売れませんので、アフィリエイトが目的と言うよりは、本の画像を表示させたくて使っている部分が大きいのです。というわけで最近はbk1の利用が増えています。システム手帳の新書も、本日現在Amazonではまだ扱っていないようでした。

コメント(2)

トラックバックありがとうございます。舘神龍彦です。
書籍に関する感想・ご意見などお聞かせ願えるとうれしいです。よろしくお願いします。
突然のコメント失礼しました。

舘上さん、コメント大歓迎です。ありがとうございます。

ちょうど新書の方もほぼ読み終わったところです。今年はQuoVadisと決めたばかりだったのですが、決心がグラグラしてきました。

システム手帳もスケジュール管理だけが仕事ではありませんので、またリフィルを工夫して、いろいろと活用しようかと思っているところです。舘上さんのブログも、今後の展開を期待しています!がんばってください。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年11月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「VertigoはU2久々のヒット!?」です。

次のブログ記事は「市川雷蔵祭〜前売りチケット購入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。