iMac G5 : Virtual PCが速い!

| コメント(2)

Imacg5BlanciMac G5が来て1週間経過。まだそれほど使い込んではいませんが、日常的なことはスムーズに移行してしまったため、なんだか新しくなった実感が薄いのかもしれません。画面が広いのにはすぐに慣れてしまいました。設置後のこの本体後ろの空間をうまく活用しようと思っているのですが...まだポッカリと空いたままになっております。

一方、USBのコネクタのうち、3つ並んだうちの一番下のところが認識されないことが2度。1度はOSを再起動後に復帰、2度目は機器を抜き差ししているウチに認識。多少不安が残ります。...と書いている最中にまたダメです。年末はちょっとゴタゴタしているので、年明けにでもサポートに電話しようかと思っています。

その他、いつも使うようなアプリケーションはひとおおり動きましたが...

先日もちょっとお伝えしたとおり、ATOK17は再度インストールが必要でした。ユーザー辞書は前の環境から移っていたので、真っ白な辞書に上書きされるかと思いましたが、ユーザー辞書はきちんと残してくれたようです。

Jedit Xはもう一度シリアル番号を入れました。

Stuff It Expanderの8.0.2での自動解凍がうまくいかず、再度ダウンロードしてもう一度インストール。ダウンロード後のアーカイブは、自動解凍出来ずに手動でDrag&Dropしなくてはいけないことが時々あります。これは原因不明。とりあえず手動で解凍できるのでしばらく様子を見ています。

もう1つうまくいかなかったのはCLIE用のMissing Sync。これは新しいバージョンを買おうかと迷っていたので、思い切ってVis-a-Vis(ビザビ)経由でMissing Sync for Palm OS 4.0.2をオンラインで購入。これでPalm Desktopを使う必要が無くなり、iSyncとMissing Sync付属のMemoPadでCLIEとの連携ができるようになりました。PalmDesktopでは多少不具合もあったので、かえってすっきりして良かったです。

Virtual PC for Mac 7
使っていて劇的にG5の威力を実感したのはVirtual PC(以下VPC)でした。20秒程(今までのG4では1分半)でWindowsのデスクトップが表示されますし、VPCを使いながら、別のMacのアプリケーションを使っていても全然平気です。今まではとんでもなく全体的にモタモタしました。VPC上での作業もかなり軽くなり、日本語入力はG3にOS Xを載せているぐらいの感じですので、タイピングもそれなりについてきます。事務的なことでしたらVPCでもなんとかなるかもしれません。画像処理やゲームは厳しいと思いますけど。20インチの画面一杯にWindowsのデスクトップが表示されるので、ちょっと妙な感じです。

Win XP Pro搭載版はこちらが安いです→Virtual PC 7 for Mac + Windows XP Professional 日本語版

コメント(2)

ヴァーチャルPCが速いというのは良いですねえ。
僕もG5搭載機が欲しくなってきました。
うらやましい。

Virtual PC 7がG5で使えるようになって、そこそこ速いらしいというのは知っていたのですが、iMacでこの程度使えれば充分かなと思いました。

G5 Dualあたりで使えば、もっとフツウに使えそうです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年12月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Bee Gees Number Ones」です。

次のブログ記事は「Apple Store Special DealsとPorter」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。