Mac雑誌2誌も当然Tiger特集

MacFan6月号今月はMacPeopleMacFanもそろって1日遅れの30日発売。(でも一部で28日に店頭に並んでいるのも見かけましたが...。)

で、当然今回はTiger特集。そしてMacFanに至っては、27日に発表されたPowerMac G5の記事が早々に出ています。巻頭の前刀氏のインタビュー記事、Tiger記事中のジョブズ氏のブリックス人形といい、今月は個人的にはMacFanの「勝ち」。

ところで、MacPeopleの別冊記事を読むと「上書きインストールは避けるように」と出ています。トラブルを少しでも避けたいなら、私もクリーンインストールをオススメします。自宅のiMac G5は、写真のデータをのぞけば、無くなって困るデータも少なく、一刻も早く触ってみたい...という誘惑に負けて上書きしました。今のところは大きな問題はありません。後々PowerBook G4初代12inchにはクリーンインストールするつもりではいますが。

今まで、手違いで過去のメールのデータを消してしまったことが2度(自宅と職場で1度ずつ)あります。昔から保存しているメールのデータですから、無くなってしったことに気づいたときは大ショックでしたが、時間が経つにつれてそのことも忘れてしまうものです。メールが無くなった位で死ぬ訳じゃないですからね。OSのインストールもそのぐらいの心構えで、ダメならまっさらにしてやりなおせばいいさ、「エイッ」ていう感じでやってます。(でもほんとに大切なモノはバックアップとってますよ。)

なお、夜にちょこちょこ触っているだけなので、いまだにSpotlightの索引作成中。索引作成中は、メニューバー右の虫眼鏡の中に点が点滅するようです。やたら時間がかかっているので不安ではありますが、個々の容量は少ないものの、何台かのマシンを経た過去のデータもゴチャゴチャ入っているので、そのせいかなぁ。

と書いているうちにやっと終わりました。体感的に4時間ぐらいかかったかもしれません。メタデータのサイズというのはCachesフォルダの中のMetadataのサイズのことでしょうか?とするとサイズは6.2MBでした。

トラックバック(1)

now and then: Mac雑誌も当然特集: ところで、MacPeopl... 続きを読む

コメント(6)

こんにちは。
spotlightの初期処理の長さには皆さん戸惑っているようですね。
メタデータといっているのはそのサイズです。
まあ、TEXTデータの集合なのだろうと想像できますから大きくはないと予想していましたが、そのくらいでしたか。
ありがとうございました。

未だにインストールする時間を取れずに未開封です…(汗
その前に 10.4.1 とか出ちゃったりして!
とりあえず Mac Fan を買おうかなぁ。

ほんとうに「とりあえず」なので、いろいろと機能を試している時間があまりありません...。雑誌で勉強(?)中です。

Spotlightの6.2Mのためにあんなに時間がかかったのかと思うとため息がでます。データ量がさらに多かったりしたらホントに1日仕事です。初めてシャーロックが出たときのことを思い出しました。あのときは索引作成はOFFにしちゃいましたけど。

私の環境では、Toast の姉妹品でDVDを焼く Popcorn というソフトがありますが、それだけ起動不能に陥っております。後はいまのところ元気に使えるようです。

うちは別のコメントでも書きましたが、Virtual PCでのバーチャルスイッチが使えなかったぐらいでしょうか。
あとはMissing Syncに早く対応してもらいたいのですが、時間がかかりそうなのでちょっと残念です。

Popcorn はアップデータが出て、使える様になりました。
GW返上か・・・と思ったら、外国の製造元で日本語も対応版でした。素晴らしい。
ectoについてもご教示ありがとうございました。
だんだんなれてくると使いやすいです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年5月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Tiger...インストールだけとりあえず」です。

次のブログ記事は「駒込ルフティックでのランチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。