Tigerから1ヶ月のご報告

| コメント(0)

Indextop20050412Mac OS X Tigerが4月29日に届いてから、はや1ヶ月が経過しています。結局自宅ではPantherに上書きインストール、職場ではすっぴんのTiger入りiMacに他のマシンのデータを読み込み...という形で使っています。

なんといっても便利に使っているのはSpotlightです。日常的に良く使うもの以外は、もうSpotlightに任せが方が断然速い。Controlキー+スペースバーで簡単に呼び出せるのもマル。あの件は以前もらったメールに書いてあったはず...とか、1年以上前に同じような書類作ったぞ...など、うろ覚えの内容を探す(でも意外とよくある)にはほんとうに重宝しています。最近は、Dockに入れるほどではないアプリケーションなんかも、Spotlightで呼び出しています。内容検索はアプリケーション側が対応していないとできませんので、便利に使うにはファイル名を分かりやすく付けておくことがポイントですね。

Safariはあいかわらずちょっぴり不安定なところもありますが、個人的には許せる範囲。RSSリーダー機能が貧弱だ...という向きもあるようですが、Safariで全部すまそうとせず、デフォルトRSSリーダとして、NetNewsWireなどの外部RSSリーダーに読みたいサイトを簡単に登録できるところが気に入りました。

Safari以外でも使用中にアプリケーションが突然強制終了することも何度かありました。今日はOmniGraffle Professionalでフローチャートを作っている途中に落ちてしまいました。

最近は自宅のiMacの電源を落とそうとすると、なぜかなかなか電源が落ちない...という状況が数回あり、上書きインストールのせいかな?と気にしていたのですが、iDiskの同期を自動から手動に変えたところ、なんとか症状は治まったようです。

スリープ中に自宅のiMacが轟音を立てる症状については相変わらず。忘れたころにやってきます。これはOSの問題ではなく、このマシン特有の問題のようです。

スクリーンセーバの設定最近、自宅のスクリーンセーバーは「iTunes Artwork」にセット。iTunesに登録したアルバムのアートワークがタイル上にしきつめられて、1枚ずつ入れ替わっていきます。

このおかげて最近は、マイレート付けよりもアートワーク登録のほうに熱を入れています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年5月31日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビルケンのDisney柄」です。

次のブログ記事は「DVDプレーヤーとQuickTime7.0.1アップデート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。