SCOSでKOH-I-NOORの色鉛筆

| コメント(3)

コヒノールの色鉛筆セットiPod nanoが発表されても、ここのところ妙な閉塞感(?)があったので、仕事帰りに足を伸ばして本郷のSCOSに行きました。

LYRAもいいけれど、KOH-I-NOORの太めの芯ホルダーもいいなぁ...と思って眺めていたら、そのそばに「限定品」の文字が...こういうのに弱いんですよねぇ。ということで結局買ってしまったのがこの写真の色鉛筆です。色鉛筆といっても芯ホルダーに入った色鉛筆なのです。(下に敷いているのは1,500円以上お買いあげでもらえる紙のブックカバー)

おしりのシャープナー缶ケースの中に6色の色鉛筆とゾウ柄の消しゴムが入っています。カラフルな芯ホルダーに同じ色の芯が入っていて、おしりをノックすると芯が出てきます。(シャープペンほどのスムーズさはありません...)

芯削りは別売りなのかな?と思って寺村店長さんに聞いてみたところ、おしりのところで削るのだとか。(ほんとうに丁寧に教えてくれました。ありがとうございます!)おしりのキャップをはずすと、中に入っている側に4本の小さな刃のようなモノが並んでいて、どうやらその4本の刃の中心に芯を入れて、クルクル回して芯を削るようです。ちょっとコツがいりそうですが、なんだか妙に感動。同じ形でバラ売りもしていましたが、そちらは軸が黒のみだったので...この限定セットを買ってしまいました。3,990円也。いつものSCOSでの買い物に比べるとかなり高額でした。

わぁ〜い、この色鉛筆...もう見てるだけでうれしいです!たくさんの色が揃っているのもいいけれど...こういうのもいいですね。(家に帰ってから確認すると...ステーショナリーマガジンのP.28にも紹介されてました!)

芯ホルダーというのは英語でLead Holderというようです。アメリカにはこんなコレクターの方のこんな専門サイトもありました!もちろんKOH-I-NOORの芯ホルダーも紹介されてます。
leadholder.com: The Drafting Pencil Museum

また、SCOSでは、ドイツの立体カードの直販が開始されています。ちょっと個性的でカワイイ動物柄がたくさんあります!

コメント(3)

あ!raizo様ズルイです〜〜っ。
これ、前にraizo様とSCOSに行った時に目つけてたんですよ〜!
また機会があったら、SCOS&本郷散策行きませんか♪
有楽町のプランタンでも見れるけれど、やっぱり本郷のお店は楽しいですよね☆

私も7月にプランタンのscosで買っちゃいましたぁ~。
色鉛筆の芯ホルダーって珍しいですよね。
芯ホルダーも各メーカー品合わせて20本ほど持っていますよ。

皆様、この芯ホルダーにはすでに目を付けていらっしゃったようですね!
Ketzerさんのサイトでも、この色鉛筆を含む買い物報告拝見させていただきました。
見ているだけでも楽しい報告ですねぇ。

チェック業務用に、芯ホルダー+赤芯という組み合わせて使いたいなぁ...と思っており、いまイロイロ物色中だったのです。次回伊東屋に出陣する機会があったら、ステッドラーあたりを買っていることと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年9月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SONORITE〜山下達郎」です。

次のブログ記事は「京都に行く予定もないのに「京都本」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。