フィギュアスケート...ウォッチング歴は長いんです

昨日は、中山競馬場方面も盛り上がっていたようですが、フィギュアスケート女子の全日本グランプリは凄い戦いでした。トリノ五輪に内定の皆様、ほんとうにおめでとうございます。浅田真央ちゃんも、トリプルアクセル×2を決めて、素晴らしい滑りでしたねぇ。

昨夜のフジテレビの解説は、八木沼純子さん、伊藤みどりさん、佐藤有香さん。佐藤さんはNHKでいつも解説をしているので落ち着いて的確な解説。八木沼さんは、スポーツキャスターをしているだけあって、民放テレビ的なノリ。みどりちゃん(そう呼ばせてください)は、素のまま...という感じの3者3様ぶりも楽しめました。

なにを隠そう、私は伊藤みどりちゃん(もうすでにちゃん付けするような年齢ではないのですが)の昔からのファンなのです。なんだか知らないけれど、確かNHK杯でやたらクルクル回るマッチ棒のようなみどりちゃんとそのジャンプにびっくりし、それ以来ずっとウォッチングしていました。(よくよく考えるともう20年以上...私も年をとったということですな。)

そういえば、うちのサイトの過去記事で、初めてDVDを焼いた時のソースとして、アルベールビル・オリンピックのみどりちゃんの銀メダル滑走が出てきます。今日は、全日本を見た後にこのDVDを引っ張り出し、みどりちゃんのトリプルアクセルをもう一度見直しました。真央ちゃんのトリプルアクセルは凄いけれど、これを12年前に初めてオリンピックで成功させたみどりちゃん。高さのあるジャンプは、今見ても感動です。

Wikipediaの伊藤みどりの項目を読んで、やっぱり偉大な選手であったことをあらためて実感しました。

一方、八木沼さんは現役時代にみどりちゃんがあまりに活躍していたためか、少し印象が薄いかな。いつもちょっと頼りなげに滑っていた姿しか思い出せません。佐藤さんは「スケーティング」が上手いことで有名で、ご両親共に現役のコーチをされていますが、佐藤コーチの指導した選手は、皆さんスケーティングが上手。そして現在その佐藤コーチ(父)の元で指導を受けている村主さん。難易度の高いジャンプや派手なスピンをするわけではないけれど、スピードのあるスケーティングと表現力で見事優勝。感服いたしました。

真央ちゃんは、今回トリノに出られない...ということで話題が集まっていますが、みどりちゃんの競技生活の長さを見習えば、トリノに行けなくてもあと2回はオリンピック出られますよ。タラ・リピンスキーのように、特別枠で長野オリンピックに出て、金メダルとったと思ったらすぐにプロに転向してしまうと、活躍が全然見られなくなってしまうのでは、ちょっと寂しすぎます。今後末永ぁ〜く活躍して、私たちファンを楽しませてください!

トラックバック(1)

先週のフィギュアGPファイナルの平均視聴率が26%(瞬間最高35.7%)、昨日の... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年12月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コーンウェル「神の手」」です。

次のブログ記事は「2005年を振り返る(2)モノ編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。