吉祥寺の文具店「36 sublo(サブロ)」でお買い物

| コメント(0)

Sabroステーショナリーマガジン no.002や、雑誌Penの7/15日号などで紹介されていて、ずっと気になっていた吉祥寺の文具店「36 sublo(サブロ)」に行ってきました!

公式サイトはこちら...http://www.sublo.net/

All Aboutでの紹介記事
吉祥寺 36 sublo(サブロ) 子供の頃にも出会っていた文房具

小さいけれど、とても素敵なお店で感激!
そして久々にたくさんお買い物してしまいました。

36Subbagまずはお店のカードと、お店オリジナルのエコバッグ。ちょうどA4が入るぐらいの大きさ。たたむと小さくなるのでサブバッグとしてバッグの中に忍ばせるつもりです。

チャルカさんの封筒とラベルチャルカさんや月光荘などのオリジナル商品も並んでいました。前から欲しかったけど通販で買うほどではないな...と思っていたチャルカさんのLabel Bookと封筒。このカラフルな封筒に、ラベルと切手を貼って手紙を出すぞ〜。

丸善の万年筆メモ丸善の原稿用紙風の罫の入ったメモ用紙。罫もさることながら、上部の龍のマークがGood!!!

Bookpackerブックカバーにヒモがついていて、肩から下げられるようになっています。内側にはカードが入るポケット付き。文庫サイズと地球の歩き方サイズがあって、いつも文庫本が手放せない方や、ガイドブックむき出しで観光地を歩くのは恥ずかしいな...というときにもぴったり。私は文庫サイズにしました。

詳しくはこちらのプロデュース元で...
有限会社アパートメント:ポータルブックカバー「ブックパッカー」

そして、一番のヒットはこのフィギュア。他にもお道具箱セットとか、カッティングシート他工作セットとか、いくつかパターンがありました。お絵書きさんへのおみやげ用に、スケッチブックせっとと水彩画セットを購入。絵の具用のバケツが懐かしい!
文具フィギュア その1 文具フィギュア その2

その他、日本の文具メーカーで現在販売中の文具達並んでおり、選ぶ人が選んで並べると素敵に見えるもんだと関心しました。木製の印箱や帳簿用の26穴ファイル、デスクペンとインク、そしてインクの吸い取り紙など...パソコン時代になり、普通の文具店では並ばなくなってしまった商品なんですよね。

ということで大満足のお買い物となりました。皆様もお近くにお寄りの際は是非!!!

<追記1>
なんと月光荘画材店が、ビル老朽化によりテナントとして入っていたビルから立ち退きを要求されているとか。銀座にあってこその月光荘ですから、是非素敵な場所を見つけてもらいたいですね。

<追記2>
これもお店で販売されていました。私も好きです。
スケッチブック・測量野帳(コクヨ)方眼タイプで使い方いろいろ! スケッチブック(コクヨ)方眼タイプで使い方いろいろ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年7月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「セミの初鳴き2006〜ヒグラシ」です。

次のブログ記事は「Apple News Clip 20060715」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。