バッテリー発火でアップルも経済産業省へ報告へ

| コメント(0)

経済産業省へは、9月5日までに文書で「事故の原因」と「事故への対応状況および再発防止策」「ソニー以外のリチウムイオンバッテリーでの状況」の3点を報告しなくてはいけないようです。確かに消費者としても是非詳しく報告を読ませていただきたいところです。

チーチー音対策もあって、私はMacBook Proを使わないときはスリープさせておくのですが、最近は少し心配になってきました。電源OFFであっても、ACアダプタを接続したままで長時間放置しておくのもやめています。ちなみにバッテリー交換プログラムは対象だったので交換済み。大丈夫だとは思うのですが、やはり妙に敏感になっております。

しかしリコール対象のノートパソコン。Dellの410万台に対してアップルの180万台と聞いて、けっこう売れているんだなと思った次第であります。ということで、バッテリー交換対象機種をお使いの皆さんも、未チェックのかたは是非確認してみてくださいね。

バッテリー交換プログラム - iBook G4 および PowerBook G4
15 インチ MacBook Pro バッテリー交換プログラム

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年8月30日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MacPeople & Mac Fan 2006年10月号」です。

次のブログ記事は「映画「マッチポイント」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。