江戸坂道散歩:(9) 小日向 服部坂・横丁坂・薬罐坂

| コメント(0)

服部坂少し間が空きましたが小日向の坂道散歩、続きであります。

前回の大日坂を下りて水道通りに入り、永井荷風や黒澤明の母校でもあった黒田小学校跡の角を登る坂が服部坂(020)。一番上まで上がってみると、まっすぐで堂々とした坂っぷり(永井荷風も眺めの良い坂の1つとしてあげていたとか。)だったのですが、残念ながら撮影失敗。坂下の写真で我慢してください。

横丁坂この服部坂途中、お寺の門前を右に下りる坂が横丁坂(021)。坂道本では風情がなくなったとありましたが、視界をふさぐ大きな建物がないので、私にとってはちょっとほっとできる坂です。この付近には新渡戸稲造の旧居跡などがありました。

薬罐坂そのお寺の周りをぐるっと回って反対に下りる坂が薬罐坂(022)。ここは道路工事中で坂らしくない絵になってしまいました。お寺の緑で薄暗い雰囲気ではありました。

このあたりの坂道の解説に、永井荷風が何度もでてきます。これを機会になにか1冊読もうかな。

このあたりもエピソード集として楽しそう...。

永井荷風ひとり暮し永井荷風ひとり暮し
松本 哉


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年11月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もう1つの赤い製品とは8GB nanoのことでしたか...」です。

次のブログ記事は「最近買った新刊本「本日記」など」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。