RICOH Caplio R5のファームウェア1.53リリース

| コメント(0)

RICOH Caplio R5の新しいファームウェアver1.53がリリースされております。SDメモリカードへの書き込みが向上しているそうです。さっそく入れてみましたが、目に見える機能向上ではないので実感があまりありません。前のバージョンは1.44でしたので、他にも微妙な機能向上がありそうですが...。

製品情報 / ソフトウェアダウンロード Caplio R5用ファームウェア Macintosh環境版 | Ricoh Japan

最近このCaplio R5からの画像取り込みで、ちょっとした問題に気付きました。Caplioオリジナルの読み込みモードでUSBケーブル経由で画像を取り込む場合、iPhotoに動画が入らないこと、アンマウントの手間が1手間多い、マウントに時々失敗する...などの理由で、マスストレージモードで使っていました。

画像をストックするのはiMac G5なのですが、Bluetoothのワイヤレスセットで使っております。しかしCaplio R5(マスストレージ)+USBケーブルでiMac G5とつなぐと、高い確率でBluetoothのキーボードやマウスが使えなくなってしまいます。当初はキーボードやマウスの電池がなくなっただけだと思っていたのですが、電池を取り換えても同じ状況です。その度にBluetooth機器を再設定したりと手間が増えるので、最近ではカードリーダーで読み込むことにしています。まだあまり詳しく検証はしていないのですが、リコーのドライバあたりが怪しいような気が...。もう少し検証して、再現性があるようでしたらリコーに連絡してみようかと思っています。

こちらはリコー公式GRのブログ。ファームウェアはGR版と一緒にリリースされた模様です。
リコー公式ブログ GR BLOG | Ricoh Japan

Caplio R5、楽天でももう3万円切ってますね...
RICOH Caplio R5ブラック

コメントする

アーカイブ

子規の一句

歯が抜けて筍堅く烏賊こはし

このブログ記事について

このページは、raizoが2006年11月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「江戸坂道散歩:(13) 関口〜目白台 鉄砲坂・鳥尾坂・七丁目坂」です。

次のブログ記事は「「伊能大図総覧」399,000円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。