MacWorld Expo 2007を振り返る

| コメント(0)

昨日は、Macworld Expo 2007の基調講演の様子が、初めてPodcastとしてアップルから公開されました。もちろん無料でダウンロードできますが、容量が1.2Gとかなり大きいのでご注意下さい。うちはADSLなので、ダウンロードに1時間以上かかってしまいました。
iTune StoreのPodCast→ Apple Inc. - Macworld Keynote Address

いつものストリーミングよりも画質も良くて見やすくていいですね。iPodからテレビの画面で見ても全く問題なしです。Apple TVを使えば、今までより気軽に、高画質で基調講演を観賞することができそうです。

こちらのPodcast「伊藤洋一のRound UP World Now!」1月12日放送分ではiPhoneの話題も。そのコンセプトには伊藤さん絶賛ですが、その後の話題だったマクドナルドの話では、原田社長のことはあまりご存知なかったようで、ちょっと意外でした。
iTune StoreのPodCast→ ラジオNIKKEI - 伊藤洋一のRound Up World Now!

iPhoneの話題でその他のアナウンスはすっかりかすんでしまいましたが、マイクロソフトのMac用Officeの発表もありました。今年年末となっていますが、「2008」というタイトルからして最初から年内は無理そうな名前です。
マイクロソフト、「Office 2008 for Mac」の発売計画を発表

お宝さんのレポートはこちら
Macworld Conference & Expo/San Francisco 2007 report

Win版とMac版の互換性がもう少しあがるとうれしいなとは思います。特にExcel。MSフォントを使っても、セルの高さなどがどうしても違ってしまい、微妙にレイアウトが違ってしまいます。これだけ解決してくれれば新機能もいらないのですが...。

こちらは、アップルからiPhoneが発表された直後に商標権の問題でアップルを提訴したシスコシステムズとの関係のお話。少々難しいですが、シスコシステムズは確かに固そうな会社なので、水が合わない感じはしますね。
アップルとシスコシステムズが協力できない理由--「iPhone」商標問題の深層を探る - CNET Japan

iPhoneを手にすることは当分の間はなさそうですし、とりあえず現在のベースステーションも問題なく稼働しているのでAirMac Extreme Base Stationもとりあえずパス。さしあたってわが家にApple TVが必要なのかどうかを考えているところです。

当初は40Gでハードディスクが小さいなと思ったのですが、あくまで基本はパソコン側のiTunesに映像をためるということなので、この容量にも納得。要は、AirMac Express ベースステーションのように、ワイヤレスで映像を受け取ってテレビで再生するボックスと考えればいいわけですね。となると、やはり今後は日本のiTunes Storeでの映像コンテンツの充実が先決。iTunesのライブラリに、みんなで見たくなるようなコンテンツが一杯になるよう、何とぞお願いいたします。

しかし、わが家ではまず、いつ壊れてもおかしくない今のテレビを買い替えることが先かもしれません。

今回の新しいAirMac Express ベースステーションの発表にあわせ、こちらも定価が下がりました。

B0002GSAO0Apple AirMac Express ベースステーション [M9470J/A]
アップルコンピュータ 2004-07-28

by G-Tools

Apple Store(Japan)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年1月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビートルズ切手をRoyal Mailへ注文す」です。

次のブログ記事は「突然わが家にMacBook登場!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。