江戸坂道散歩:(31) 目黒区 上村坂・目切坂

| コメント(0)

おだんごの家2さて、たっぷり相ノ坂を堪能しましたので、次の坂へ向かいます。

次の坂への目標である西郷公園へ行く道々は、裏通りながらおしゃれな高級住宅が並んでいます。名もない坂も何本か延びていたのですが、階段になった坂道のある角に、こんなおだんごの石像があるお宅が...。いったいこれは何を意味するのでしょうか。

上村坂1おだんごのお宅を通り過ぎ、道の突きあたりまで進むと「西郷公園」という公園があります。公園内はベンチでボーッとしている大人多数。西郷公園から表通りに出ると旧山手通りになります。いわゆる代官山に近づいて来たため、通りはおしゃれなお店が並んでおります。ここでまっすく代官山方面には進まずに、また坂を下ります。こちらは「上村坂」(112)。

目切坂5上村坂を下りきって左折。さらにY字路を左に進むと、右手に林のある坂道の登り。こちらが「目切坂」(113)。林の緑とカーブが印象的な静かな坂です。少し薄暗く、うっそうとした様子は、江戸時代(目黒「村」から渋谷「村」への道ですから)の名残りでしょうか。

坂道を上りきると、そこはいわゆる代官山の真ん中...。ヒルサイドテラスのはずれでした。結局下北沢から代官山まで歩いてしまったことになります。「せっかく代官山まで来たのだから...」と、ここからはしばしお買い物モードに。今までの坂道の旅ではなかった行動です。

Cas Kidsonのお店こちらはCath Kidstonのお店。カラフルな商品で一杯の店内です。

B@YOSHIDAそして、GX100用にとバックとケースを衝動買いしてしまったB@YOSHIDA。

now and then: GX100:B@YOSHIDAでケースを物色

drole@代官山その他、ヒルサイドテラス内や、ハリウッドランチマーケットなどに立ちよって買い物をし、お腹がすいたのでdroleでランチ。優雅な午後であります。

(つづく)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年6月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」」です。

次のブログ記事は「Willcomの新スマートフォン縲廣dvanced/W-ZERO3 [es]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。