GraphicConverterを使って10年になりました。

| コメント(1)

GciconドイツのLEMKE Softwareの定番グラフィックユーティリティ、GraphicConverterがメジャーアップデートし、バージョンが6.0になりました。

日本語へのローカライズも終了し、日本語版として販売開始されています。
GraphicConverter:定番!ピクチャーを多数のフォーマットやプラットフォーム間で変換することができます。 | Bridge 1 Software

最近はマイナーアップグレードが続いていましたが、久々にバージョンアップにも料金が必要となります。私としては、日ごろの感謝も込めまして、さっそくアップグレードいたしました。

アップグレード料金は3,000円なのですが、Kagi.comでドル建て(US$23)で支払ったところ、多少円高に振れた日だったので、円換算で若干安くなりました。

Kagi - Bridge 1 Software

Photoshopは高すぎて買えませんし、Photoshop Elementsも前のバージョンは持っているのですが、どうもゴチャゴチャしていて使いにくくてお蔵入り。GraphicConverterはグラフィックを扱うアプリケーションとしては動作が軽いので、ブログ用画像の編集などで毎日使っております。

昔のレシートさて、このGraphicConverter。主にデジカメ画像の簡単なレタッチに使用しており、特別複雑なことには使っていないのですが、この8月でちょうど10年のおつきあいになります。

まだWeb上でのオンラインでの購入がメジャーでなかった頃ですので、クレジットカード払いのレシートがエアメールで届きました。どうやってシェアウェアを支払ったのかは、あまり良く覚えておりません。しかも、ユーロもまだ導入されていないので、ドイツマルク建ての支払いです。レターヘッドがかっこよかったので、Macの保証書などと一緒にずっと保存していました。この頃のバージョンはいくつだったのかなぁ...。


076362229XEncyclopedia Prehistorica : Sharks and Other Sea Monsters
Robert Sabuda Matthew Reinhart
Candlewick Pr 2006-04

by G-Tools

コメント(1)

ツꀀ主にデジカメ画像の簡単なレタッチに使用しており、特別複雑なことには使っていないのですが、この8月でちょうど10年のおつきあいになります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年8月 5日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マメコガネ」です。

次のブログ記事は「アドエス:追加インストールしたものなど(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。