ホーチミンで買った文具

| コメント(0)

デットストックの鉛筆ホーチミン@ベトナムでは、ついついたくさん買い物をしてしまいました。まずは文具編。現地に行く前は、東南アジアらしい、チープな材質の文具達を期待しておりました。

しかし...歩き回ったのは観光客の多い市内中心部ということもあり、文具コーナーは想像以上に普通(?)の品揃えでした。日本の地方都市の文具店といった雰囲気です。日本のパッケージそのままの日本製品もたくさん並んでいます。富裕層向け...という印象です。私の想像していたようなチープなものは、もっと田舎に行かないと買えないようです。

ということで、写真はデットストックと思われるアメリカやオランダ製の鉛筆。

Vietnumpencil2マンガの書かれた今どきな鉛筆に混じり、ひっそり売れ残っていたものです。おしりの消しゴムもかなり劣化しております。3,000~7,500VND(ベトナムドン)。日本円ですと25円~60円といったところ。ステッドラーの鉛筆マルスも同じくらいの値段でしたので、同じものでも日本で買うよりは随分安く買えるということですね。

なぜか「Vietnum Airlines」とプリントされた封筒20枚入りは約30円。バックは学校用のノートの中身なのですが、罫が独特です。

学習ノート売っていたノートはコーティングされた表紙でカラフルなものばかり。子ども向けがほとんどで、マンガが書かれたものが多いのですが、こちらはやっと見つけた実用的なノート。きれいな花の写真が表紙になったシリーズで、どれにしようか迷うくらい種類がありました。

A5ぐらいの小さめノート(3000VND)は学習用の独特の罫。B5程度の一回り大きなノート(5000VND)は、普通の横罫や、方眼罫のもの。中とじですが、用紙もしっかりしていてこれまた安い。これも25円縲鰀35円ということですね。99円ショップの製品も、こういうところで作られているのかなぁ。

ラベルシールこちらは「TOMY」ブランドなるトムとジェリー風ロゴのラベルシール。いろいろな大きさのラベルシールがあり、1パック10枚入って6,500VND。これはロゴに魅かれて買ったようなものです。

街中にも文房具店は何軒かありましたが、旅行者には入りにくい雰囲気。なおかつけっこう水準の高い品揃え。気になるチープそうなノートの束もあったのですが、小売りはしないと断られました。卸売り用だったのでしょうか...。

こんな感じでお土産編はもう少し続きます。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年12月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久々の海外旅行から帰って来ました」です。

次のブログ記事は「ジョブズ氏のネクタイ姿@ノルウェイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。