EGWordもEGBridgeも販売終了?!

APPLE LINKAGEで記事をみて驚きました。Macの日本語アプリのメーカーとしては草分けのエルゴソフトが、1月28日(今日です!)を持って、パッケージソフト事業を終了し、日本語ワープロ「egword Universal 2」、「egword Universal 2 solo」ならびに日本語入力システム「egbridge Universal 2」の販売を終了するそうです。

パッケージソフト事業終了のお知らせ

現在トップ頁にも社長のご挨拶文が...
ERGOSOFT|エルゴソフト

突然の発表に驚いております。

当社は創業以来一貫してMacにおける日本語環境の向上に務めて参りました。とりわけ日本語ワープロ「egword」ならびに日本語入力システム「egbrigde」シリーズはMacintoshが登場した1984年から24年の長きにわたり、ユーザの方々から高い支持を受けて参りました。
いや、私もSystem 6のころからずっとお世話になっていました。VJEやATOKにも浮気はしておりますが、ユニバーサルパレットや予測変換がとても使いやすいので、現在のメインはegbridgeになっています。

いくらOS Xの日本語環境が整ってきた...とはいえ、ことえりは日本語入力環境としてはまだまだ。egwordは無理としても、egbridgeだけでも残して欲しかったと思います。ここにきてMacが売れてきたところなのに非常に残念で仕方ありません。

ということは、ゲットするなら在庫限りということですね。ことえりの貧弱な日本語能力に悩んでいる方は急げ!(でも気がつくと世の中に在庫が無い...。)

トラックバック(1)

やっぱりMac絡みはビジネスになりにくいんでしょうか?(答えは既に出ている気もするが。) しかし、ボッと出のベンダーであれば「夢見ちゃった... 続きを読む

コメント(2)

同様に驚きました。
ユーザーではないですが、老舗ソフトの突然の販売終了宣言はショックですねぇ。ツꀀ

>てつさん

Mac誌を読むと、その事実がわかっていたのに最後まで伏せられ、いつのまにか店頭からの無くなっていたというのも驚きでした。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年1月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井の頭池観察記(18)そして今日のExcel 2008」です。

次のブログ記事は「Mac FanとMac People 2008年3月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。