Donna Summer「Crayons」

| コメント(0)
B0016B6ZKGCrayons
Donna Summer
Burgundy 2008-05-20

by G-Tools
まさに「The Queen is Back」(という曲も入っております!)。ドナ・サマー17年ぶりのスタジオアルバムが発売されました。USのiTunes Storeで見かけてAmazonで購入。肝心のアルバムは「お皿」も欲しい人なので。最近は古書店ばかりに行くのでCDショップに行かなくなり、このパターンの購入が多くなっています。

ドナ・サマーはなんと今年は御年60歳(還暦!)。しかしまずその年齢を感じさせないジャケット写真(多少の加工は入っているのでしょうが...)に驚きです。そして聞いてみてまったく衰えを感じさせないその歌声にさらにびっくり。

前半1曲目から5曲目までは、まさに最新のダンスビートに乗せて歌っており、お若い方にはかえってなじみやすいのではないかと思う反面、個人的には今時すぎてハズレだったかな...と心配するぐらいでした。

しかし6曲目から少し風向きが変わり、ブラジリアン風、アフリカ風など様々なバリエーションのダンスミュージックが並びます。私も含めて後半のほうがオールドファンにウケそうだと思いました。

8曲目のI'm Fireが4月にUSのダンスチャートで1位になった曲。これもなかなか良い曲で、これが一番ドナ・サマーらしい曲だと思います。「ドナ・サマー - Wikipedia」によりますと、「70年代、80年代、90年代そして2000年代の総てのビルボード誌のダンス・チャートにおいて1位に輝いた唯一のアーティスト」なのだそうです。

70年代のディスコの女王が、60歳にして2000年代の音楽にもきっちり合わせてくるあたりが、やっぱりすごい人だなぁと思わせられたアルバムでした。

彼女の過去のヒット曲は、iTunes Storeで大方ゲットしてあるので、あわせてガンガン聞いているところであります。

B0000CABJ1The Journey: The Very Best of Donna Summer
Donna Summer
Utv 2003-09-30

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年5月30日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「竹内まりや「幸せのものさし」」です。

次のブログ記事は「patagonia仙台店が5月30日にオープン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。