Triple.fi 10 Pro用にコンプライのイヤホンチップ

| コメント(0)
B001BN3QREコンプライ イヤホンチップ T-500シリーズ(3ペア)
Hearing Components社

by G-Tools
iPhoneのイヤフォンとして、Ultimate EarsのTriple.fi 10 Proを使っております。もともとはiPod用として使っていたのをスライドしました。最近はiPodの出番が激減です。

now and then: 注文したのは...Ultimate Ears Triple.fi 10 Proデシタ

今までは、付属のシリコンのチップを使っていましたが、今一つ耳へのフィット感が足りなかったので、評判の良いコンプライのイヤホンチップ(T-500がTriple fi用)を使ってみることにしました。

製造元のComply社のサイト
Comply邃「 Foam Replacement Tips, Noise Reduction Earphones, and Mobile Phone Earsets with Noise Reduction.

輸入代理店の売り文句は、

コンプライ低反発ポリウレタンチップは、耳の内側にぴったり密着し最適なフィット感をえられ、さらに体温によって通常のシリコーンの約30倍柔らかくなるため、長時間でも耳を傷めません。
だそうです。なかなか良さそうなことが書いてあります。

Comply Earform3ペア入りのパッケージがこちら。お値段はこれで2,100円です。チップだけかと思うと少し高いかなという気もしましたが...

Comply Earform質感は、写真で見ていたものや、今までのイヤーフォームとはイメージが違い、表面がちょっとペトペトした感じです。カナル型のイヤフォンに付属する筒状のフォームと比べ、耳にいれる側が丸くなっていて、耳に入れやすい形になっています。筒状のタイプは、少し指で潰してから耳に入れないとうまく耳にフィットしないので、ちょっと面倒なんですよね。

Comply EarformTriple.fi 10 Proに付けてみるとこんな感じです。実際の耳に入れたときののフィット感は今までよりも格段に良くなりました。もちろん外界の音からの遮へい度も同様。そして、それぞれの楽器の音(バックで小さく鳴っている楽器の音も...)、特にベースの音などの低音がハッキリ聞こえるようになりました。フィット感が増すと、音量も今までよりも低くて済むので、バッテリーの節約にもなります。

ただ、フォーム表面がベトベトして汚れがつきそうだということもあり、フォームは消耗品として考える必要があります。使用中に使用後も、できるだけフォームを汚さないように気をつけて、少しでも長く使いたいと思います。

いろいろなメーカー向けに何種類かあるようですので、カナル型のイヤフォンをお使いの方で、どうもフィット感に不満がある...という方は、一度お試しあれ!

※amazonで、リモコン機能付きのiPhone/iPod touch用のviの方が安いのはなぜだ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年4月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京国立博物館「国宝 阿修羅展」」です。

次のブログ記事は「「日本の城」と江戸城」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。