マーヴィン・ゲイの紙ジャケシリーズ70年代編

| コメント(0)
B001RVISZ0ホワッツ・ゴーイング・オン<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)
マーヴィン・ゲイ
USMジャパン 2009-04-29

by G-Tools
GWの最中に、マーヴィン・ゲイの紙ジャケSHM-CD 第二弾 The 70sが発売されました。

発売日の2日後に吉祥寺のタワレコに行ったのですが、購入予定の5アルバムのうち、今まで私も持っていなかった「離婚伝説」だけが品切れ。やはり特にこのアルバムを待っていたファンが多いのか?と少しあせりの気持ちも。ただ、この店舗はR&Bの品揃えが悪いので、またしてもやられた感アリ。面倒だけれどHMVに移動して無事確保しました。

まずは永遠の名盤「ホワッツ・ゴーイング・オン」から聴き始めました。アルバムを通し多くの曲に入っているパーカッションのノリがなんともいえず好きです。そして「離婚伝説」も含め、これからたっぷりMarvinを楽しもうと思っていた矢先に忌野清志郎氏の訃報。今は気持ちがRCの方に移ってしまいました。(Marvinはまたもう少ししてからゆっくり楽しみます!)

この後、RCサクセションのアルバムをiTunes Storeでゴソっと購入。(クレジットカードの請求が今から恐ろしい...)本日現在iTunes StoreのランキングでもRCの曲が上位を占めております。今は追悼の意をこめてRCをヘビー・ローテーション中。特に初期の曲には深いものが多いなぁ...としみじみしております。

特にアルバム「Please」の「いい事ばかりは ありゃしない」に今更ながら共感してみたりして。これは歳を取ったからこそ感じるのかも。RCサクセション - Please - いい事ばかりは ありゃしない

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年5月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヒゲおやじと目玉おやじ」です。

次のブログ記事は「チャルカさんの「アジ紙」本」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。