クツワのミニ鉛筆削り「ケズール」

| コメント(2)

クツワのケズール念願のクツワの鉛筆削り「ケズール」をいただきました。削り上がりは上々です。

ただ1点、少し勘違いしていたところがありまして、以前購入した「トガール」のように「5段階に芯の長さを調整」できるのではなく、あくまで「5段階の削り具合」だったことです。ただ、仕上がりの芯の長さは私の好みの短めでしたので、実際は全く問題ありませんでした。一番鋭い「5」にして、調子よくガリガリ削っていると、必要以上に鉛筆が短くなってしまうので注意が必要。「4」ぐらいでちょうどよいようです。

日本のメーカーの鉛筆削りは、芯の長さが長く削れるタイプが大半で、店頭で削り具合を試してみることのできるお店もなかなかありません。なかなか気に入った鉛筆削りに出会えていないのも本当のところ。そんなことにこだわっている人は、イマドキあまりいないのかもしれませんが、最終的には海外メーカーの高級鉛筆削りをいつか買うぞ!と思っています。


EL CASCO エルカスコ 鉛筆削り M-475

コメント(2)

がびーん。
そうだったのですか・・・orz
調査不足で大変申し訳ございませんでした縲怐I!

おそるべし・・トガール。
そして・・・ケズール。

>hayasho さま

いえいえ、私が勘違いしていただけですから全然構いませんよ。短く削れる鉛筆削りとしてちゃんと使わせていただいております!

ありがとうございました~。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年6月28日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「北村大沢楽隊:「熱中時間」だったようです...」です。

次のブログ記事は「北村大沢楽隊:NHK「熱中時間」見ました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。