念願のプルンニーのロールペンケース@sublo

| コメント(0)

R0013588チャルカ本に触発されて、シルバーウィークの最終日に吉祥寺のSublo(サブロ)へ。

シルバーウィークご苦労様記念(?)ということで、前から欲しかったプルンニーのロールペンケースを買いました。

オリジナルデザイングッズの通販--phrungnii(プルンニー)--

R0013586万年筆も入れるので...ということで、高いけれど内側がスウェードのものをチョイス。さっそく家に帰ってペンを入れてみます。

R0013593ペンを差すポケットは幅広1、太め3、細め5。太めのペンはそれほどたくさん入れられません。意外とたくさん入らないという話は聞いておりましたし、普段はそれほどたくさんはペンを持ち歩きませんのでまあこのぐらいですね。入れすぎると太巻きになってしまいますから。

ちなみに入れてみたのは最近のお気に入り。左から、LAMY Safari 万年筆2本(2009年限定のオレンジとピンク)、金ペン堂で買ったPelicanのM400、五十音のミミック鉛筆補助軸、ジェットストリーム、mono消しゴムでございます。あとは鉛筆削り用にカッターでも入れようかなと思っていますが、ちょっと洒落たのがいいかなと思案中。

このロールペンケース、買ったばかりでまだパリっとしていますので、これからがんばって使って、もう少しクタっと風合いが出てくるといいなと期待しています。

R0013584一緒に買ったのが、方眼ツバメノートと花札ポチ袋。花札ポチ袋は本物の花札サイズで、柄の側から見ると本物の花札のようです。短冊ばかりでなく、他の図柄もあったのかな?

ちなみに..ピンクのSafariには赤インク、オレンジのSafariにはオレンジインクを入れています。当初、伊東屋でおまけにもらったオレンジインクは、色も薄めであまり使えないかな...と思っていたのですが、使い始めるとなかなか良くて気に入っています。手帳に重要な件として記入する際、赤で記入するよりもオレンジで記入した方がハッキリするような気がするのです。赤インクの出番が激減中です。


ホワイトハウスコックス/Whitehouse Cox s9637 ロールペンケース スエード ブラウン

 

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年9月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「チャルカの旅と雑貨と喫茶のはなし」」です。

次のブログ記事は「YAGI FMアンテナ F-P2B-BをradioSharkにつなぐ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。