アマゾンのKindleってそんなにいいの?

| コメント(2)

昨日から、日本のAmazonでも、電子ブックリーダーKindleが購入できるようになりました。ただし、購入は米国amazon経由で、今のところ読めるのは英語のコンテンツのみです。今朝の新聞各紙でも報道されております。

アマゾンの電子ブックリーダーKindle、日本を含む100か国以上で購入可能に

一度だけ、井の頭線の車内でKindleで熱心に読み物をしているアメリカ人らしき青年を見かけたことがあります。私には、現行のKindleではなく新しいKindleのように見えたのですが、見間違いだったかもしれません。どちらにしろ、Kindleを手にしている姿は、思っていたよりスマートだな...と思いました。分厚い単行本を持ち歩いて読むと思えば薄くて軽そうでしたし。

ただ、下の部分についているキーボード、必要なのでしょうか。読むだけならいらないはずですが、なにかあるのでしょうね、きっと。ジョブズだったらあのキーボードは絶対に付けないだろうな...と思ったり。

個人的には、いくら読書好きでもこの手のキカイには抵抗があります。電子ブックリーダーというものが、かなり革新的なもののように語られることが多いように思うのですが、みなさんそれほどに待ち焦がれているテクノロジーなのでしょうか?いまや辞書といえば電子辞書になってしまったように、読書もリーダーが主流になる時代が近いのか...。iPodと音楽の組み合わせとはちょっと違うと思うのですが。

amazonのCEOベゾス氏は、紙の書籍より割安で、読みたいときにすぐに手に入る、たくさんのデータ(書籍)を持ち歩くことができる...というようなことを利点としてあげています。そして、いずれは紙の書籍に取って代わるだろうと強気の発言です。

やっぱりページをめくってこそ読書じゃないですかねぇ。あ、ブックリーダーだったらめくる手間がないので楽...という考え方もありますが。所有していることだけでもうれしい本もたくさんあります。オンライン書店もよく利用しますが、やはり本屋さんであれこれ見るのが一番楽しい。本棚に好きな本を並べるのもうれしいですし。

だた、絶版になっている本が読めるようになるという意味では良いですし、ナナメ読みですむような、最近の新書やらハウツー本などはリーダーで十分かもしれないと思います。

現に音楽では、iTunes Storeで曲を買うことはあるけれど、じっくり聞きたい場合はCDも買う...というスタイルでやっていますし、うまく共存していければいいということですね。

いったいどのぐらいの人が、紙の書籍(という言葉を使っていることが寂しいですが...)が無くなってしまうのは寂しい...と思っているのかなぁ。

追記...結局アップルのタブレットPCも電子ブックが狙い?

APPLE LINKAGE
情報筋は、このタブレットは音楽よりも電子ブック機能に焦点を合わせたものになり、長寿命バッテリー、即座のインターネット接続、使いやすいユーザインターフェイスが主要な特徴となるだろうと述べています。

Foxconn said to be tapped to make Apple tablet PC, shipments expected to begin in 1Q10

コメント(2)

どうもです。

これから適材適所と言うか
CDが出てもアナログはまだあるように

本って書籍って本当にステキですよね。
親が凄く本や更正←字あってるかな>の仕事をやってたり
古本が好きだったりで、本のステキさは幼いころから知ってますが

父の本棚に憧れたときがありました。
残念ながら今自分の部屋は狭いので本棚をおける場所がないですが
無駄に雑誌的な本がいっぱいあります。

まあ週間雑誌や漫画など読み捨てのようなものは
電子書籍でもOKなんですが。。

あの本屋さんに本を探しに行くって言う行為が大好きだったりして
あの本屋に行けばなんかあるかなって本屋なんてそんなどこもラインナップが変わるわけではないのにちょくちょく覗いてしまいますね

って思わず本のことだったので書いてしまいました。ツꀀ

>ケンさん

コメントありがとうございます!
電子書籍と「本」とでは、脳の働く部分がちょっと違うような気もしますね。本との素敵な出会いを求めて、ことこれに関してはこれからもアナログでいきたいと思っています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年10月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秋の花粉症...」です。

次のブログ記事は「はじめての「ハチマクラ」@高円寺」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。