リコーのユニット交換式デジカメ「GXR」...なんだか微妙です。

| コメント(0)

GXR.pngリコーの新しいコンセプトのデジタルカメラの新製品が発表されました。12日あたりで発表だと某掲示板で噂されていたのを見ていたのですが、本日発表になったようです。

製品情報 / GXR | Ricoh Japan
リコー、“ユニット交換式”デジタルカメラ「GXR」 - デジカメWatch

ユニット交換式というところが、なんだかすごいギミックですが、見た目は少し損をしているような気がします。少しかっこわるいような気が...。このあたりは、マイクロフォーサーズなカメラさん達には負けているかなぁ。持っているだけでうれしい感が、GR Digitalシリーズに比べると弱いかも。

しかし、マクロレンズや高倍率のズームレンズなど、1台でいろいろ楽しめそうなところには興味あり。マクロレンズは7cmまで寄って1/2倍のマクロレンズというのはどの程度なのだろう...と、一番そのあたりが気になっています。

だったらコンパクトな一眼レフで良いのではないか...という気もしますし、あえてこのGXRやマイクロフォーサーズ機にしてみるか、単純にR10をCX2の次に出るであろうCX3に買い替えるか...来年をめどに、ほかの方のレポートを待ちながら、じっくりと様子を見させていただきます。

買うならマクロセットだけれど...10万円以上しますね。

★リコー GXR&50mmマクロセット【予約特典付】《12月上旬登場》

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年11月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「堀正岳・佐々木正悟「iPhone情報整理術」」です。

次のブログ記事は「日和大橋から望む北上川河口」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。