2009年を振り返る:Audio Visual系

| コメント(2)

昨日に引き続き...ということで、Audio Visual系で2009年を振り返ってみます。特に印象に残ったベスト5は...

映画はこの3本。「グラン・トリノ」はベタですが、イーストウッドの監督作品ははずれがありません。次回作も面白そうなんですよねぇ。モーガン・フリーマンがネルソン・マンデラを演じる「Invictus」に期待しております。「スター・トレック」は別格。先日購入したDVDで見直しましたが、何度見ても面白いですっ!

now and then: 映画「ミルク」
now and then: 映画『グラン・トリノ』
now and then: 何度もニヤリ...映画「スター・トレック」観ました!

そして、全国的に楽隊の名を轟かせたのではないかと勝手に信じているこの番組の放送も、私にとっては記念碑的なことでした。
now and then: 北村大沢楽隊:NHK「熱中時間」見ました!

そんな番組を地デジクオリティそのままで録画できるこちら、ほんとうに重宝して使っています。当初の目論み通りに見て消し中心。DVDを焼いたことはまだ1度もありません。しかし、見ていない番組は少しずつたまる一方で、すでにあと30時間分程度しか録画できないような状況に。HDDはいくらあっても足りません。次はHDDが増設できるタイプにしないと...。

now and then: 見て消しに徹します...東芝RD-X8購入

Audio Visual系からはすこしはずれますが、ビジュアルという位置づけて番外編。一種のブームではありましたが、ブームが起きるのも納得の国宝展であったと思います。私の中でも、仏像ブームがますます加熱しそうです。

now and then: 東京国立博物館「国宝 阿修羅展」

さて、この年末は、本屋さんでついついこの著作権切れ980円のシリーズを追加購入。ディスニーキャラのプルートのエピソードのみを集めたDVD BoxとFelixのDVDボックス。どちらも大好きなキャラなのです。プルートはDVDで2枚組になるほど短編があったんだなぁ...と妙に関心。お話の中身もミッキーとの競演ばかりじゃないんですよ。ドナルドBoxも売っていましたが、そちらは買いませんでした。年明けにはミッキー版も出るようなので、それもまた気になります。クラシックなミッキーも好きなんですよねぇ。
  

コメント(2)

私もイーストウッド作品が大好きなんですが、
今回の『グラン・トリノ』はその中でも傑作です。
本当に彼の作品ははずれがありませんね。
私も今年のBest3に入る作品でした。
ご存知かもしれませんが、数日前の日経新聞の今年の映画Best3に
何人もの方が、この『グラン・トリノ』を挙げていました。
今後も良い作品を作り続けて欲しいですね。
ただ、唯一後悔しているのが、この作品のパンプレットが品切れで
入手出来なかった事です。

他の作品はまだ見ていないので、DVDを買って見たいと思います。

ツꀀ>B0bbyさん

年末の山下達郎&竹内まりやの夫婦放談でも「グラン・トリノ」が2009年の良かった映画としてあげられていました。イーストウッド監督、年齢的にはかなりしんどくなってきたかもしれませんが、元気で活躍を続けてもらいたいです!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年12月30日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2009年の私のベスト5(読書編)」です。

次のブログ記事は「2009年を振り返る:Apple編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。