iPad:Apple純正ケースと「ELANFOLIO for iPad」

| コメント(0)

ELANFOLIO for iPad昨日は吉祥寺のヨドバシカメラに行ってiPad用のケースを買ってきました。家人のリクエストにより「革」ということで、発売前から目をつけていた、SoftBank SELECTIONのGriffin Technology製 ELANFOLIO for iPadです。

ちなみに...iPadのデモ機が並んでいるテーブルには人だかりがしていました。フツーの人達も、あ、あれがiPad...みたいな反応です。認知度高し。発表時・発売日の報道効果は絶大ですね。まさに広告費ゼロ。

Apple iPad Caseさて、iPad購入と同時に純正のApple iPad Caseも購入したわけですが、これが思いのほかダメでした。


Apple iPad Caseそもそも私があまり仕様をよく読んでおらず、てっきりもう少しハードなタイプなのだと思っていました。表面はマットで滑りにくい素材です。


Apple iPad CaseまずiPadを出し入れしにくいのが難点。ケースがキツイので、1度入れると取り出すのが大変です。周囲に妙なヘリがぐるりとついているのは、取り出すときにこのヘリを引っ張らないと出せないからではないかと思います。


Apple iPad Case折りたたんで台のようになるのはスマートで良いのですが、ケースの蓋の部分が少し浮き上がりますし、立てたときにもグラグラ揺れます。(これは使っているうちにやがてこなれてくるとは思いますが。)


そこで一刻も早く本命のケースを!と思い、ヨドバシにかけこんだ次第です。

本家Griffin Technology社の製品紹介
Griffin Technology: Elan Passport - Folio case for iPad

この製品をソフトバンクが輸入販売しているのが今回買ったケースです。ヨドバシカメラではiPadケース売り場に並んでいました。

ELANFOLIO for iPadさっそく家に帰ってiPadに着せてみると...これがなかなか良い!ファイロファックスの大きいタイプを使っているような雰囲気になりました。


ELANFOLIO for iPadiPadをケースの収めるため、ケースにiPadの四つ角をはめる訳ですが、外側の2つの角は革製のストッパーでガッチリ、内側の2つはゴムになっていて、伸ばしてパッチンと止めるようになっています。


ELANFOLIO for iPadゴム製ということなので、そう長くは使えないかもしれませんが、iPadの出し入れのしやすさでは純正ケースと雲泥の差。ただ、たてかけたりはできませんから、システムノート的な使い方を想定したケースとなります。


使う当人もご満足。実は買った当日は、本人はちょっと触って、あとは適当に設定しておいて...ということになっていて、あとは私が遊んでいたわけです。今回ケースに入れてみたところで、再びiPadに触れてもらいましたが、iCalやiPod、メールを少し使ってもらっただけで「面白い、こればっかりいつまでもやってしまいそうだ」というお言葉。うんうん、よかったよかった。

画面が明るく大きくて見やすいということもありますが、今までCLIEをスタイラスでポチポチ使っていたので、もう指1本で良くなる...というところも好印象だったようです。

ここでお断り申し上げておきますが、私がiPadを「楽しい」と喜ぶのはいわば当然のことではありますが、家人はごく普通のヒトの代表です。パソコンの設定だけでなく家電などの電化製品は全て私の担当。ゲームもほとんどしません。(例外は麻雀ゲーム。iPad用でおすすめがあったら教えて下さい!)

家人のiPhoneへの評価は低かったので、今回iPadが私のオモチャになってしまうのか、本当に便利に使ってもらえるのか、購入前は少し心配していました。でもさすがiPad!まさに、使う人間を笑顔にさせてくれる新デバイスであります。


iPad用ELANFOLIO ブラック SB-ID01-LCDIBK [SoftBank SELECTION]

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年5月31日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPad:まずは基本のアプリから...」です。

次のブログ記事は「WAREHOUSE VINTAGE PEANUTS T-SHIRT "LUCY"」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。