ETV特集で「北村大沢楽隊」のドキュメンタリー!

| コメント(2)

1年半ぶりに、TVの画面で北村大沢楽隊の勇姿を見ることができました。昨日夜10時からのNHK教育、ETV特集で、1時間のドキュメンタリー番組が放送されました。題して「ジンタは心の行進曲」。

放送予定は全く知らずにおり、当日朝に何気なく見た新聞のTV欄で気づきました。いつも教育テレビの欄はほとんど見ないのですが、奇跡的としか言いようがありません。見逃さなくて良かった縲怐B

田植えの次期から稲刈りが終わるまで、北村大沢楽隊の1年を追った番組でした。ナレーションも一切なしで、北村大沢地区の四季と、楽隊の演奏活動、そして隊員のみなさんへのインタビューで話が進みます。楽隊の隊員さんたちや家族の方々の話には字幕付き。(私はネイティブなので字幕なしでもわかりましたけど。)

なにしろ皆さん高齢ですから、演奏と隊員の語りだけの番組には終わりませんでした。特にリーダーの渡辺さんは、昨年「熱中時間」で拝見したときも、ずいぶん腰が曲がっていらっしゃったので、少し心配していたのですが、運動会での出張演奏に呼ばれ、途中で気分が悪くなって救急車で運ばれてしまったときには、この先どうなってしまうのだろうかと、本当に見ていてドキドキしてしまいました。しかし、低血糖の症状ということで大事に至らず何より。後日、再び元気にニコニコ演奏をされていて、本当にホッとしました。

お米を作ってもそれだけでは食べていけない、若者が街に出ていったきり戻ってこない、という農村の現実も踏まえつつ、大変良いドキュメンタリー番組だったと思います。このデキの良さからして、NHKも必ずや再放送してくれるであろうと確信しております。

いつまでもお元気でご活躍を…と、簡単に言えるような状況ではないかもしれませんが、そう願わずにはおれません。そして、毎度毎度言っていることですが、なんとか後に続く人が出てくれることを祈ります。それが楽隊の皆さんにとって一番嬉しいことなのではないかと思うのです。

昨年の「熱中時間」出演の際の記事
now and then: 北村大沢楽隊:NHK「熱中時間」見ました!

「大沢楽隊誌」発行の際の記事
now and then: 北村大沢楽隊の記念誌「大沢楽隊誌」発行...しかしすでに入手不可...泣

amazonには無いけれど、タワレコの通販ではまだ取り扱いあり!
疾風怒濤」by 北村大沢楽隊

コメント(2)

とつぜんのご連絡を失礼します。
宮城県の黒田と申します。

私は北村大沢楽隊のファンの者です。
Googleで「ジンタは心の行進曲」を検索したところ
貴ブログを見つけ、厚かましくもご連絡させて頂きました。

ただいま、NHKのEテレに
「ジンタは心の行進曲」の再放送依頼をお願いしているところです。
しかしながらEテレのサイトから同意の投票が100票集まらなければ
再放送を検討してもらえないシステムとなっております。

そこで誠に勝手なお願いで甚だ恐縮なのですが
ぜひとも「Eね!」投票にご協力頂けませんでしょうか。
厚かましいお願いとは存じますが締め切りが数日後に迫っており
藁にもすがる思いでご連絡させて頂きました。
何卒宜しくお願いします。敬具

*こちらのサイトから投票が可能となっております。
http://www.nhk.or.jp/e-tele/onegai/detail/4824.html#main_section

黒田 さま

コメントありがとうございます。再放送への投票、喜んでさせていただきますね。先日の川開きの際のチンドンサミットの時には出演していたと聞きましたが、私自身はなかなか生で演奏を聴く機会が無く、皆さんお元気なうちにいつかきっと!と常々思っているのですが…東京に住んでいるとなかなか難しいですね。

楽隊の皆さんのご健康を祈るばかりです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年12月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「本の雑誌」2011年1月号:2010年ベスト10特集」です。

次のブログ記事は「弁天様に虹。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。