ステーショナリーマガジン 007「文房具は楽しい」

| コメント(0)
477791917Xステーショナリーマガジン 007 (エイムック 2175)
エイ出版社 2011-04-25

by G-Tools
先日、「ステーショナリーマガジン」の発売日。仕事帰り、京王電鉄資本の啓文堂で買いました。新学期だからなのか、平積みの方に置いてあったので少しびっくり。中学生の男の子が手に取って「文房具は楽しい…だってよ」なんて言いながら友達と頁をめくっていた脇から1冊とらせていただきました。

「文具箱」の日記帖: 4/25発売 ステーショナリーマガジンno.7 表紙と目次です

今回は、なんといっても「鉛筆」の特集が秀逸です。鉛筆好きは買いましょう!

「ファーバーカステル250周年」の特集は、会社の歴史・250年記念セットの紹介、現行モデルの紹介など。144本(12ダースですね!)セット缶や色鉛筆がいいな…と思いつつ、これはまだ序の口。

次の特集は「『鉛筆収集』という趣味」。赤青鉛筆のコレクター、合田さんのコレクションと鉛筆収集についてのお話です。赤青鉛筆から始まって、海外の鉛筆・日本の鉛筆…とにかくイロイロあります。ビンテージモノもたくさんありまして、眺めているだけでも楽しいです。ハチマクラさんでの鉛筆展に行けなくて悔しい思いをされたかたにお勧めです!

他にも、ちょっと後ろの方には、ステッドラーの鉛筆の話やファーバーカステルのパーフェクトペンシルのお話もあります。いやぁ、やっぱり鉛筆はキホンですよ。たっぷり楽しめました。

他にもいろんな文具が盛りだくさんで紹介されておりますよ。今回欲しいモノとしてチェックしているのはラミー・サファリの今年の限定カラーのアクアマリン!サファリばかり揃っても…とは思いつつ、とても魅力的な色です。そして今年は、ドイツ(当時のプロイセン王国)と日本の通商条約150周年を記念した日本限定モデルもあり、その売り上げの一部は東日本大震災の義援金になるそうです。

そういえばiPad 2。入手された方とかレビューをついみてしまうと、だんだん欲しくなってきますが、とにかく新しいiMacが我慢ですよ今は。

 

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年4月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「祝!本日からiPad 2とiPhoneホワイトモデル発売開始。」です。

次のブログ記事は「ほぼ日「ブイヨンの日々。」with 追加ページ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。