趣味の文具箱 Vol.21「何本でも欲しくなるペンとインク」

| コメント(0)
ほぼ万年筆雑誌と言っても良い内容の「趣味の文具箱」。最新号は「何本でも欲しくなるペンとインク」でございます。ハマるとまさにサブタイトルの通りになってしまいがち…

表紙のウラのCROSSの2012スペシャルエディションのペンがまず良い。なんたって「2012 Year of the Dragon」ですよ。赤いほうの万年筆欲しいなぁ。

お次は「今時の文具箱」の三菱鉛筆「フィールド」。建築現場用のマーキングペンシルで、軍手着用のままでもすべりにくく、片手で効率良く作業できる実用文具だそうです。うむむ…これはほんとに欲しい。現場用の文具は安いのでいいですねぇ。これも買うなら赤かな。でもグレーもいいなぁ。

「新製品&注目のペンとノート」からはスーベレーン M320 パールホワイト。今年、1年越しで手に入れたルビーレッドを買ったばかりですからパスですが、パールホワイトもすごくいい感じですっ!小さくて素敵な万年筆ですから、女性にオススメです。こんなのクリスマスプレゼントに欲しいよなぁ。

その他、愛用のダイアリーQuo Vadisの誕生物語も面白かった。創始者のベルトラミ氏、ダンティです。

特集の1つはインクだったのですが、最近インクで気になる事が1つ。J.HERBINの緑系のインクを2瓶持っているのですが、このインク、ちょっと臭うのです。文字を書いていても気になります。これは古くなった(とすると消費期限があるのでしょうか…)からなのか、J.HERBINのインクはもともと臭いものなのか、たまたま緑系だからなのか…。他のインクもクンクン嗅いでみましたが、臭うのはこのJ.HERBINの緑系2瓶だけです。色は気に入っているのにちょっと残念なのでありました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年12月11日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「モリカゲシャツかまくら出張所」オープン!」です。

次のブログ記事は「快適眼鏡生活への道(1)検眼その1。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。