ノート回帰していたのは私だけでは無かった!

| コメント(0)

今朝は新聞でこんな記事を読んで膝を打ちました。ノーブルノートやツバメノートも売れているみたいです。

「タブレットより整理に便利」 社会人がノート回帰:日本経済新聞

iPhoneやiPadも便利ではあるのですが、書く事によって頭が整理されるという意味ではノートに手書きのほうがちょっと上かなと思い始めていたところでした。どうも画面を凝視することに疲れて来た(それは視力の問題でもありますた)というところもあります。

なんだかんだでiPhoneを眺めている時間もMacを使っている時間も長いので、忘備録的なことはEvernoteにどんどん記録し、あとから横断的に検索できるところには大変満足しているのですが、ToDoリスト的なアプリにはずっと悩まされてきました。

有料無料かなりいろんなアプリを試しました。まだiPhoneの中に入っているアプリだけでも「iCal純正」「ToDo」「Remember The Milk」「Wunderlist」「Awsome Note」「NotifiMe」などなど。結局はですね、入力するのが面倒なのです。iPhoneで入力するのが面倒なのは元々わかっていたので、Macで登録してiPhoneでチェックすればと、主にiPhoneとMacでリストを共有できるタイプのものを試したのですが、結局どれも長続きせず。

昨年暮れ頃からは、iPhoneサイズの小さい方眼罫ノートにToDoを書き込む…という単純な方法に原点回帰しています。これが一番楽だし、直感的です。いつまでもチェックされない項目は、次の頁に新しいリストを作るときに書き写しています。プライベートな範囲のみなので、リストもそれほど長大にはなりませんし。あえてわざわざ万年筆で書いてみたりして、書き込む事そのものも楽しみたいなと思いつつ、なかなか減らないリストにはちょっとプレッシャーも感じたりしています。

ちなみにこのとき買った赤いノートを使ってます。ほんと、もう1冊買っておけば良かった…
銀座文具の旅2010年3月:伊東屋さんでのお買い物 - now and then

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年1月24日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「鉄道地図 残念な歴史」と「震災と鉄道」読了」です。

次のブログ記事は「Appleは四半期で1兆円の純利益ですか!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。