New iPad:4週間目突入。予想外にカメラを使ってます。

| コメント(0)

iPadはいよいよ4週目に突入しております。

iPadのカメラなんて使うのかな、無くてもいいけど…と思っていたけれど、これがけっこういいです。なにが良いかというと、画面が大きくてRetinaレベルでリアルタイムに写りを確認しながら撮影できますので、ちょっとしたモノ撮りカメラとして使い始めました。接写は10cm程度まで寄れますが、iPadは面積が大きいため、対象物に影ができやすいのが難点でしょうか。

撮影した画像は、iCloudのフォトストリームに自動でアップされますが、ブログ用に使うときはiPadからこちらのアプリでFlickrへ送っています。

FlickStackr - Flickr 2.3.2 (¥170)App
カテコ繧刄言: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: iPont - Carlos Mejia(サイス繧餀: 8.9 MB)

デジカメからEye-fiカード経由でアップロードもできますが、事前に大きな画面でピントも確認できますし、そのままiPadのカメラロールから選択して無線LAN経由でFlickrにアップロードできるのがラクチンです。いわばカメラだけで完結している感じです。

iPhotoも購入したのですが、今のところは特に加工したり整理する事も無いのでほぼそのままアップロードしています。いざとなればレタッチもできるということで。

iPhoto 1.0 (¥450)App
カテコ繧刄言: 写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元: Apple - iTunes K.K.(サイス繧餀: 110.8 MB)

画像そのものに説明や印をつけたいときは、こちらを使うつもり…ですが、まだ活躍しておりません。

Skitch for iPad 1.0.4 (無料)App
カテコ繧刄言: 仕事効率化, ライフスタイル
販売元: Evernote - Evernote(サイス繧餀: 11.3 MB)

iPadのカメラは、雑誌の切り抜きがわりとして、レシピや気になるお店・モノなどを撮影。これまではiPhoneでやっていたのですが、画面が大きいほうが断然ラクです。ただし、本当は撮影したものをEvernoteに送るつもりなのに、そのままカメラロールに入れっぱなしです。iPhoneではFastEver Snapを使っているのですが、このアプリがiPad対応ではないため、どうもiPadでは使い勝手が悪いのが原因です。少し反省。

そのEvernoteのiPad版は、ブラウズに関していえばiPhone版よりもMac/PC版に近い使い心地だと思います。

Evernote 4.1.9 (無料)App
カテコ繧刄言: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Evernote - Evernote(サイス繧餀: 20.0 MB)

で、カメラの話に戻りますと、今はSmart Coverを使っているので、蓋を三角に折りたたんで左手に持って右手で撮影していますが、iPadの後ろを覆ってしまうようなカバーを使うと、カメラが隠れてしまいます。iPadのケースを新調するときは、ちゃんとカメラのことも考えて選ばなくては…。

ということでこの続きはまた明日。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年4月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PatagoniaのSingle ShotにiPadを入れて出かけてみました。」です。

次のブログ記事は「New iPad:4週間目突入縲怩サの2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。