久しぶりにCDを売ってきました。

| コメント(0)

2年ぶりに、地元下北沢のディスクユニオンに、CDを売りに行きました。

45枚持ち込んで、2枚盤不良ではねられて、残り42枚で合計3700円でした。輸入盤のSoul系マイナーアーティストが多いので、ほとんどが1枚20円でした。国内盤で比較的新しめなアルバムが600円+1割増(メルマガ登録で買取額1割り増し)×2枚あり、この2枚で大半を稼いでいるようなものですね。先週だったら買取が2割増だったので、ぬかりました…。

売却アルバムをチョイスするのにかかった時間を考えると「1枚20円かぁ」とも思いますが、これが「ブ」(ックオフ)ですと10円だったりするので、その倍だと思えばまだいいかな。「ブ」と違ってそれなりに高く買ってくれるアルバムもありますし。最近ディスクユニオンは音楽関連書籍の買取・販売も強化。買取価格が気になるので、一度買い取りを頼んでみようかなと思っています。

中古CDの業界も厳しいでしょうね。「ブ」(下北沢はDORAMAばかりですが)でもCDはかなりの量扱ってますし。新譜のCDが売れなくなれば中古も同様でしょうし。古書ほどレアで高騰するような貴重なアルバムもそうはないでしょうし…。レコファンが下北沢から撤退したのもそんな理由もあるのでしょう。

ところで、実はやっぱりアンプの調子悪しなのです。電源を入れただけで、右のチャンネルからサーッという音がなるというもの。音を出しても音が割れて、出力も小さくなります。いい時もあり、悪い時もありという一番やっかいな状況です。朝平気でも夕方だめだったりします。

コンセントを抜き差しすると直るので、当面はそれでしのぎ、月末にDENONのサービスにみてもらうことにしました。高い買い物なんだからちゃんと診てもらわなきゃ。

スピーカー&アンプ:そしてとうとう買いました。 - now and then
まだ半年しか経ってない。保証が効くうちに直してもらわないと…。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年10月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「文一総合出版の図鑑「日本のトンボ」」です。

次のブログ記事は「本日の気になる記事:しかし本日も眠い。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。