ニュースでは4Kが話題でしたが、デジカメもいろいろ出ましたね。

| コメント(0)

現在アメリカで開催中の国際家電ショー「2013 International CES」。今日のテレビや新聞では、新しい高解像度のテレビ「4K」なるものがしきりに話題になっていましたが、デジカメもいろんなのがでてきましたねぇ。特にクラシカルなスタイルの高級デジカメが気になりました。

富士通は、すでに実績アリのクラシックスタイル2代目。
X-Trans CMOS IIセンサー採用の「FUJIFILM X100S」


003 sペンタックスリコーイメージングは、背面パネルがまさにリコーな感じ。黒がいいなぁ。
ペンタックス、クラシックなデザインの1/1.7型センサーコンパクト「MX-1」を海外発表


ニコンは、昨年ミラーレスの中で一番ヒットしたという「Nikon 1」ミラーレスを、さらにローエンド狙いで出してきました。カラバリが増えたわけですが、どことなくピンとこないところがニコンらしい。
ニコン、ミラーレス入門者向けの「Nikon 1 S1」


少々方向性が違いますが、別な意味で高級コンデジ、シグマのマクロから中望遠まで撮れるMerrill。高いんだろうなぁ。マクロ撮影が気になります。
シグマ、中望遠75mm相当F2.8レンズ搭載の「DP3 Merrill」

Hr n white 3qfront clスタイルで意表をついたのはキャノンのコンパクトカメラ。まさにコンパクト。
Canon PowerShot Nを使ってみた:Instagramの一歩上を行くコンパクトカメラ

私はというと、iPhone 4Sあたりから、日常的にコンパクトカメラは持ち歩かなくなってしまい、出番もぐっと減ってしまいました。ただリコーのCX3もかなり古くさくなっており、マクロが撮影できるコンデジも欲しい…。しかしいざというときはデジイチ。もっとD7000を使いこなしたく思っており、欲しいレンズもあるのですが…。まあレンズはボディを買い替えても使えますからね。レンズへの投資はまあ長期的に考えればいいかな。ミラーレスも気になるのだけれど、きりがないのでコンパクトにしておくつもりです。

てなことでひとまず。(コホコホ・咳)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年1月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「すごろくや」で小さな子どもと大人が一緒に楽しめるカードゲームを」です。

次のブログ記事は「ピーター・ガブリエルの新感覚リミックスアプリ「MusicTiles」を入れてみた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。