第47回スーパーボウルは、いろんなことがありました。

| コメント(0)

今年もスーパーボウルをたっぷり楽しませていただきました。

第3クウォーター途中で急にNHKの実況の音声が途切れ、徐々にスタジアムの証明が落ちていき、本当に会場のスタジアムが停電になったわかったときは、このまま電気が復帰しなかったらどうなる?延期?仕切り直し??など、いろいろと心配してしまいましたが、30分ちょい後に再開。いろんなことがありますなぁ。

前半は、49ers有利という前評判をよそにレイブンズが3タッチダウンを決めて絶好調。49ersのQBキャパニックはどうも今一つで、やはり若いからプレッシャーがあるのかなと思っていました。49ersはインターセプトされてびターンオーバーもありましたしね。

ビヨンセのエネルギッシュなハーフタイムショー(デスティニーズ・チャイルドも再結成!もちろん生歌)も堪能し、後半開始早々に、レイブンズがエンドからエンドに走り抜けるリターンタッチダウンがあり、もうこれはレイブンズの圧勝だなという雰囲気でした。

しかし…です。停電の後はその雰囲気ががらりと変わります。すっかり形勢逆転で、キャパニックにはどんどん走られるし、サックもあり、立て続けに2つのタッチダウン。レイブンズは、その後守備を固めるべきところで、守備の要、ディフェンスラインのナタという選手が負傷退場。そしてファンブルまで起きてターンオーバーと、49ersはもう完全にイケイケ状態となりました。

レイブンズを応援していた私。前半はゆったり構えていたのに、急に姿勢を正して応援です。なんだかんだで第4クウォーターに入っても、どちらが勝つかわからないという状況になりました。まあスーパーボウルはこうでなくっちゃというところもありましたけどね。

第4クウォーターは、キャパニックが走ってタッチダウンを決めて、あわやというとおろまで追いつめられましたが、最後はなんとかレイブンズが守りきり、見事優勝となりました縲懌勠

今年も試合も満喫できてうれしいのだけれど、この瞬間はシーズンが終わってしまった寂しさも感じる瞬間であるのでした。また来シーズンを楽しみにすることといたします。

※スーパーボウルの合間に米国で流れているCM集。ランキングもあるので面白いですよ。
Super Bowl Commercials from Feb. 3, 2013 - NFL.com

※ビヨンセのハーフタイムショーはこちらで!
Beyonce Super Bowl XLVII halftime performance - NFL Videos

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年2月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明日の米国時間の2月3日は第47回スーパーボウルであります!」です。

次のブログ記事は「山下祐介「東北発の震災論」主体性を取り戻すことについて。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。