ジャンクMac売却完了。

| コメント(0)

このほど壊れてしまったMacBook Air(Mid 2009)と、弟から引き取ってきた初代MacBook Proの処分が終了しました。MacBook Airのほうは、10,000円で売却できました。ネットで複数見積をとったのですが、お店によって違いますね。やはり比べてみることは必要です。当然一番高いところに売りました。

初代MacBook Proのほうは、バッテリーが完全に死んでいるものの、起動はしていましたので、かなり古い機種ながら16,000円ちょいでヤフオクで処分できました。それにしてもMacBook Proは丈夫だなぁ。これで少し今回の購入の足しになります。昔からMacはジャンクでもそこそこ売れるところがポイント高いのです。

さて、これからのロードマップを考えてみました。夏ごろに出ると言われている新しいMacBook Air。個人的には、これまでの噂も勘案して夏の終わり頃と踏んでいます。メモリを8GBに増やしたBTOにしたい。USキーボードにするかどうかは悩ましいところ。使い勝手というよりも、平仮名がプリントされていないから、キートップがすっきりして良いという見た目の問題だったりするので、まだまだ先のことですからもう少し考えてみます。

今回の故障により、やはり3年サイクルで更新していくのがベストと結論づけました。デスクトップのiMacと持ち歩きできる機種としてのMacBook Airの2本立てですから、デスクトップとノートブックの合間に1年ぽっかり空きますので、そこにオーディオ機器を入れたいと思います。なんと言ってもUSB DACが欲しいし、CDプレーヤーももうかなり古く、いつ故障してもおかしくないので。

しかし、そうはいっても2011年に買い替えたiMac。まだまだ行けそうなので、来年買い替えるにはまだ早いような気がするので、Airの次ば再びオーディオ(昨年アンプ+スピーカー買い替え済み)にしようっと。

※こうやって妄想は常に続いています。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年4月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Net Audio 2013年 06月号「素晴らしきハイレゾ再生の世界」」です。

次のブログ記事は「ブルース&ソウル・レコーズ 2013年 06月号「アトランティックR&B」CDの付録が良し!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。