ヤフオク出品後日談:実はヒヤヒヤしたのでした。

| コメント(0)

先日、初代のMacBook Proをヤフオクで売却したわけですが、弟から返却時には起動して、OSのインストールも出来たので、数日自分で使っていました。使ってみて特に問題はなかったのですが、起動できなくなったことがあったとは聞いていましたので、「現在起動はしているが動作保証はできない」と明記した上で、ジャンク扱いで出品しました。

オークション終了後、落札者とはすぐに連絡が取れ、すぐに入金もあったので、当初は安心してやりとりしていました。発送の際に、ヤマト運輸で発送するつもりだったのですが、ゆうぱっくにしてくれ...といわれ、ご希望通りにゆうぱっくで発送。ゆうぱっくのほうが安いからだったようです。

先方に到着した当日、落札者から、OSをインストールしているが途中で固まってしまう。ハードディスクかドライブが悪いようだ、説明文と異なる状態なので対応をお願いしますとの連絡が来ました。「対応」ってどういうことだろう...。

この時点で、相手の評価欄をチェックしたところ、多くの「非常に良い」のなかに「悪い」の項目も若干あって、その部分のコメント読むと、かなりダークな面がある相手のようです。相手を貴様よばわりしていることも。この時点でちょっとやっかいな相手に当たってしまったことにブルーになりました。

でも、タイトルにもジャンク扱いとし、説明文にはバッテリーもダメ、ACアダプタも断線寸前、なにぶん古い機種なので動作保証はできないと明記していましたので、そこを強調して、不満であれば返品してくださいと伝えたところ、どうやらハードディスクの調子が悪いようだ、今まで使っていて気付かなかったのか、子どものために落札したのにショックを受けている、すぐに送金もしたのに納得できない、関係機関に相談してから連絡するとのこと。

関係機関というのはYahoo!知恵袋か2chだろうか...と思いながら、とにかく最初からジャンク扱いだったので、こちらの着払いで構わないので、遠慮なく返品してくださいと重ねて連絡。私としては発送前に動いていたHDDが完全にダメになったとしても、ぐちゃぐちゃやりとりが続くよりは、すっぱり返して欲しかったのです。結局この日はここまでで終わりました。

翌朝...落札者からは「子どもから商品を奪い返すことはできない」(この表現も?でしたが)ので返品はしないけれど、外付けドライブを購入して使うので、ドライブ代金の半額程度負担して欲しいと連絡がきました。いわば落札後の値引き要求の様相です。

最初からそのつもりだったのかな...と思いつつ、不具合の状態も自分で確認できませんし、こちらとしてはあくまで返金するためには返品希望です。

ジャンク品の条件で入札した方が他にもいた訳ですし、ジャンク品という意味がわからずに入札した(わかっていたと思いますが)のかもしれませんから、いただいた金額は全額返金しますから、遠慮なく返品してください...との1点ばりでお返事。

ここでやっと「返品はしませんのでご安心下さい、なんとか使っていく」とのご返答をいただけました。いや、すぐに返品してもらったほうが安心できたんだけど...と思いながら、ここでヤフオクの評価で「良い」以下を入れてしまうと更なるトラブルになりそうでしたので、先方の了解の返事を受けて、すかさず、そしてやむなく「非常に良い」の評価を入れました。なんとも後味が悪い。

おそらく宛先が女性だったので、甘くみられたのかもしれません。相手の文面にあわてて要求に応じる方も多いのかもしれませんね。

これまでも、ジャンク品の状態が思っていたのと違うということで返品となったことはありましたので、ノークレームノーリターンだったとしても、返品&返金もあり得るだろうことは覚悟はしています。今回はジャンク品で出していますからまだ良いのですが、完動品を出した場合でも、いつ壊れてもおかしくありませんから、オークションでの個人取引は難しいなと痛感しました。

というわけで、かなりヒヤヒヤのヤフオクでしたが、なんとか収まってほっとしております。同じような目に遭った方の参考になれば幸いです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年5月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日の気になるアップルニュース。アップルの借金の真実!?」です。

次のブログ記事は「雑誌「こけし時代」VOL.7 弥治郎特集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。