突然政治の話:民主党のゴタゴタと参議院選挙の東京選挙区

| コメント(0)

今日は社民党の福島党首が辞任。1人しか当選しないのだもの、もう党とは言えなくなってきつつありますね。いつか民主党もこうなってしまうのか…。突然政治の話ですみません。

今回の参議院選挙で大敗の民主党。昨日は選挙の総括と大物2名の処分でゴタゴタしているニュース。参議院選挙の東京選挙区では、告示直前に候補者が一本化され、前回トップ当選だった東京のローカル政党「生活者ネットワーク」出身の方(大河原雅子さん)が無所属で立候補し、結局どちらも落選してしまいました。

菅さんが大河原さんを応援するしない以前の問題(菅さんが応援はかえってマイナスという話もありましたから)で、この1本化の経緯がどうも不明瞭。おそらく菅グループだったからだとも思われますが、前回トップ当選だったことからすると、ご本人が納得行かないのも理解できます。東京選挙区で議席を取れなかった原因の1つは、この直前のドタバタ一本化もあったのではないかと思います。

民主党、鈴木寛に東京選挙区を一本化すると発表、大河原雅子氏は無所属で出馬へ【動向まとめ】

大河原さんは東京都議の頃から積極的に活動されていましたし、東京ローカルという意味では東京選挙区らしい候補者だと思っていたのですが、選挙前に一本化で公認取り消しのニュースを聞いた時「使い捨て?」と民主党に対してますますがっかりしました。もしも大河原さんのほうに1本化していたら勝てたかもしれない。元官僚よりは無党派層にはアピールしやすいし、なにより民主党らしくない。(らしくないから公認取り消しだったとも言えますが。)

とかげのしっぽ切りをしても、不人気の回復にはつながりません。元首相2人をつるしあげる前に、まずはしっかり総括をしてどうしてダメなのか自覚しないと、この先は社民党のように風前の灯火党になりますよぅ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年7月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏葉社さんの「本屋図鑑」+特別おまけつき。」です。

次のブログ記事は「がんばれ都立日野高校!がんばれ東北楽天イーグルス(+マー君)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。