ほぼ日手帳2014のラインナップ発表。今年はどうするか悩み中。

| コメント(0)

今日は、ほぼ日手帳2014のラインナップ発表でした。

カバーラインナップ - ほぼ日手帳2014

毎年どうしようかと悩む時期でもあります。

ほぼ日手帳、あまり自慢できるような使い方はしておりません。日記のようではありますが、全く空白の日々が続くこともあります。それなのに続けていたのは、今使っているカバーがとても気に入っていたからなのです。あれは2009年に買ったカバーでした…

ほぼ日手帳2009:ファブリック・マキノ・ヘリンボーン - now and then

私のほぼ日手帳(2013)スーツのようなファブリックがとても良いのですが、汚れるのが怖くて昨年からさらにカバーオンカバーを付けて、今はこんな感じになっております。


私のほぼ日手帳(2013)来年も中身だけ…と思っていたら、最近ペン指しの部分の合皮の表面がボロボロとはがれてきてしまいました。見た目が悪いのはもちろんのこと、ペンが指しにくくなってしまって困っています。ペンが入らないならいっそのこと切り取ってしまおうかと思うぐらいです。


となると、今シーズンはカバーも含めて買うかどうか…です。今年のラインナップのファブリックカバーはどうも気乗りがせず。そしてもう合皮のペン止しは避けたい。HENRY CUIRさんの皮カバーを前から使ってみたいと思っていたのですが、いかんせんお値段が高い。ヘビーユーザーだったら良いのですが、それほどでもない。

一昨年購入してほとんど使っていなかったこちらを引っ張りだすか…

ほぼ日手帳:Porter製「BLACK CASE」届く。 - now and then

でなければ、本革製のものにしようかと悩んでいるところ。そもそもこんなテキトーな使い方のまま、来年もほぼ日手帳を使い続けるかも問題ではありますが、今のところはということで、今年は慌てず、ロフトで実物をみてどうするか考えようと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年8月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明治神宮のニホンイシガメ。そしてタマムシも目撃!」です。

次のブログ記事は「これからは国がコンパクトシティーを後押し…ですか。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。