今年もポータブルオーディオ自慢「ポタワングランプリ」開催中!

| コメント(0)

やはり3つ4つデバイスが、いろんなケーブルでつながっているシステムの方が、なにやら楽しそうですね。なかなか自分でできるものではないので余計にそう思います。それぞれのデバイスがどういう働きなのか、実は全然良くわかっていないのですが、いったいどんな音が聞こえているのでしょうか…。

私は最近状況は特に変わらず。ポタアンセットは重たくてゴツイため、気が向いたときに通勤に持ち出しています。やっぱり普通に聴くより断然いいなと思うのだけれど、毎日というわけにはなかなかいかんです。このボリュームのあるセットをなにかスマートなケースに入れられるといいのですが…。

iPhone 4S + Sony PHA-1<私の構成>
iPhone 4S 64GB(iPhone 5のお古でiPod代わりに音楽用に使用)
SONY ポータブルヘッドホンアンプ PHA-1(+付属のDockケーブル)
Ultimate Ears TripleFi 10Ultimate Ears Triple Fi 10
オヤイデのULTIMATE EARSイヤホン専用リケーブル HPC-UE
Comply イヤホンチップ Tx-500

本当はDockケーブルをワンランク上のものにしたいところです。イヤフォンももうかれこれ6年も使い続けているため、そろそろ買い替えたいような気もしてきました。来年あたりに是非と思っています。宝くじが当たったら、別なポータブルアンプにも挑戦してみたい…。

ポタワングランプリのDAP(デジタル・オーディオ・プレーヤー)、今年はハイレゾ音源プレーヤー「iriver AK100」を使っている方が目立ちます。やはりPCオーディオといえばハイレゾ音源。もうMP3には戻れません。iPod&iTunesもApple Losslessという規格に固執せずに、ほかのハイレゾ音源にも対応し、保存容量も大きなタイプを出せば、一定のオーディオファンに受け入れられると思うのですが、音質などに関する話題は最近ほとんど聞きません。少し残念なところであります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年9月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MUSIC MAGAZINE 2013年 9月号『音楽からみた「あまちゃん」』そしてサントラ第2弾も!」です。

次のブログ記事は「うちはNHKドラマばかり…電子版で織田作之助「夫婦善哉」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。