わが家にもiPad mini Retinaがやってきた♫

| コメント(0)

R0016339.JPG残念ながら私のモノではなく家人のモノではありますが、iPad mini RetinaのWi-Fiモデル(スペースグレイ)がわが家にやってきました。

実は初代iPadも家人のモノではあったのですが、あのときはなにせ「初物」ということもありまして、結局ほとんど私が使っておりまして、今回はいまさらながら「はじめてのiPad」みたいな状況になっております。

R0016340.JPGなもんですから、始めは指でのタップもなかなかうまくいかず、くみこさん(母)にiPadを初めて使ってもらった時のような状況になっております。自分にとってはもう当たり前のような「タッチ」という操作も、どうもうまくタップできなかったりします。これはやはり「慣れ」が必要のようです。


R0016341.JPG外へ持ち出すことが多いと思われるため、ケースは純正の「iPad mini Smart Case」(ブラウン)となりました。ケースの蓋を開けると電源が入って、閉めるとスリープするというところにも驚いていただきました。私としてもなんだか新鮮な体験です。


R0016342.JPGiPad Airが登場して、miniの優位性も多少薄れては来ましたが、それでもガバッと片手でつかめるサイズは収まりはいいですね。しかも、私の第3世代iPadに比べるとヒジョーにキビキビと動いています。いいなぁ。

今度こそ、使いこなしてもらえるといいなぁ…と思っております。


R0016343.JPGで、中身を消去しようとあらためて初代iPadの電源を入れてみたら、非Retinaの画面の荒さにがく然としました。Retinaに慣れてしまうともうもう後には戻れませんね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年12月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BRUTUS 2014年 1/15号「本特集2014 この本があれば、人生だいたい大丈夫」」です。

次のブログ記事は「今日の幸福。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。