禿山さん(4):アララギ第2巻第2号

| コメント(0)

アララギ第2巻第2号

選歌 左千夫選
  青木湖遊草
                  湯本政治

秋すみの湖の邊にして馬草かる鎌の音さやに吾耳にたつ
月低く湖邊あしむらほのあかりしき鳴く蟲を過ぎしかねつも
湛へたる湖の心静けきにたぐへて山の黙し居るかも
おもしろく黙し静める水海の心とも見む星うつる浪
そこひなく黙せる湖に向ひ立ちすゝろに悲し吾がいとこゝろ
湖離れくらきに見れば杜の間ゆ湖の面光り湖浮きて見ゆ
奥山の湖のべにして農の家に一湯かりつも夕つつの下
かきろひの八重棚雲に日影もれて色沈むうみの暮をかへせり

  墓参
代々の親の靈にはづらくさすらへの年の二十年なすこともなく
なつ山の青葉若葉のしみゝにも遠つみ遠つみおやのまをこふらく
うつそみに望うせにしぬば玉の心のやみにうたはらね
            ○
夕立の晴れゆく空とほからかにむね開けこそ男子といふもの

☆☆☆

あいかわらず、意味が理解できない歌もアリ。
最後の歌は珍しく男らしい。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年2月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あっという間に当確。今日は大雪に疲れました。」です。

次のブログ記事は「オリンピック全部やる…だと忙しい。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。