禿山さん(5):アララギ第2巻第3号

| コメント(0)

アララギ第2巻第3号

北陸行
           湯本政治
旅にして月の今宵をこしの海のつらつら吾家しおもほゆ
 (注)繰り返し「〈」

かぎろひの夕棚雲と佐渡が島浪に消につゝ吾船さかる

日のみこの國見せず日を秋高見越の群山仕へよるらし

とる弓の射水の河のはやき瀬と時こそ經ぬれ事もはてなく

☆☆☆

あいかわらずオリンピック中。アルペンやボブスレーもゆっくりみたいのですが、録画がたまって行くだけでなかなか消化できません。アイスホッケーだけは見逃すまいと、仕方なくネット動画を見ている時間が長くなっています。MacとiPadで2試合同時にみたりしているバカっぷりです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年2月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Macの「連絡先」もひっそりと進化しています。」です。

次のブログ記事は「ソニーの再生の切り札がPS4でいいのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。