新聞を読むときに目がショボショボしてきたら…Benchmark「新聞レンズ」

| コメント(0)
20140318215204Benchmark「新聞レンズ」をくみこさん(母)に頼まれて買いました。
Benchmarkというのは、文房具の伊東屋さんのオリジナルブランドなのだそうです。その伊東屋さんの紹介によりますと…
新聞や雑誌を読むための大きなレンズが欲しいというお客様の声を活かし、従来のポケットレンズの10倍近い大きさのレンズを作りました。
…だそうです。 201403182153031ヶ月ほど前に新聞で紹介されたあとに売り切れになってしまい、予約も殺到していたようです。お店で聞いたところ、予約されている方から順次お渡ししていますが、1ヶ月はお待ちいただきますとのことでしたので、伊東屋さんの通販で注文していました。
20140318215525大きさはA5サイズより少し大きいぐらいのサイズ。ポリ塩化ビニール製でシート状なので柔らかく、角も丸くなっていますので、安全に使うことができます。倍率は約2倍とのことですが、体感的には1.5倍ぐらいに感じます。 一度に比較的広範囲に読むことができるので、大きな紙面の新聞記事を読むのには良さそうです。
20140318215821単行本を読むときなども、しおり兼用で使っても良さそう。 そして一番の魅力は税抜き1,000円というリーズナブルな価格であります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年3月18日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「佐々木幹郎「東北を聴く−民謡の原点を訪ねて」」です。

次のブログ記事は「石巻定点観測:2014年3月。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。