ちょいと気になる新製品…タムロンのレンズ、MacBook Air、iMac。

| コメント(0)

今日の新製品ニュースでショックを受けたのが、タムロンの高倍率ズームレンズ。実は購入候補にもしていたのでした。まだまだ先だと思っていたらもう出てしまった…。

タムロン、世界最高18.8倍ズームレンズを4月24日に発売 - デジカメ Watch
TAMRON|ニュース|広角端、望遠端ともに焦点距離を拡大し、 世界初*ズーム倍率約18.8倍を達成  究極の高倍率ズーム誕生 発売発表 『16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO(Model B016)』

16mmのワイドから300mmの高倍率ズームという1本でなにもかも済ませようという欲張りレンズ。MACROでもあるのでヒジョーに気になっております。実写の写り次第では、よさそうだったら値段がこなれた頃に、先日のSIGMAのレンズを下取りに出せばいいか…などという気持ちにも傾いております。

いやいや、自分には300mmなんてと思う反面、でも多少なんちゃって感があっても寄れるならば寄りたいし。でもSIGMAのレンズよりは100gぐらい重いし…と、すでに頭がグルグルしています。

そして、新型MacBook AirとiMacの噂も、iWatchよりも気になっています。

Retina搭載MacBook Airは今冬、新型iMacは6月登場見込み | ガジェット速報

MacBook Airは、薄型軽量さの良さがMacBook Proと比べて無くなっていましたから、完全モデルチェンジで更なる軽量化を大いに望みたいところ。今回はかなり期待が持てそうですが、「冬」とはまだまだ待たされそうですね。

そしてなんだか調子の悪い母艦のiMacを抱え、6月のiMacの刷新という話も実は気になります。本当はあと1年は使いたいところなのですが、3年サイクルと考えると今年なのです。今のiMacをうまく売却できれば資金はなんとかなるかなぁ。

ああ、結局物欲ばかりということですな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年4月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日の気になる記事:STAP細胞はもうどうでもいいや」です。

次のブログ記事は「アップルもハイレゾ音楽配信に参入とのうれしい噂!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。