禿山さん(12):アララギ第3巻第5号(その2)

| コメント(0)

第3巻第5号(その2)

浅葉会(信濃松本)4月會

           禿山

春の野の草のみどりをふみてゆく心の和み若やぎにけり

浅葉会

五月七日、柿人胡生山邊温泉に一泊、翌八日禿山を加へて三人淺間温泉に到る。新樹、雛、遅(?)の三題を課したれど作る所甚だ少し、此日初めて雷鳴をきく、柿禿雨子、浴後の睡未ださめず、之を知らざりしものゝ如し。

           湯本禿山

新みどりこむる林や朝日子の匂ひなごみにもや立つらしも

永き日のありのすさびに湯の宿の雛の餌もあさる子等

春おそき春をたづねて三栗の中山の里に花を観るかも


夜道         胡桃澤 勘 選

           湯本禿山

獨行く野邊の小道の、心をぢおのが足音に、かへり見るかも。

よくだちの底津國邊を、たどる我が額に秋の冷えをしるかも。

☆☆☆

この他、短歌の研究コーナーで以前の投稿歌掲載2つ。

☆☆☆

あいかわらず夕食後にすぐ眠くなって困る。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年4月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これも待ってました!Reeder for Macのベータ版登場。いい感じです。」です。

次のブログ記事は「小林旭「アキラ1」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。