禿山さん(20):アララギ第4巻第3号

| コメント(0)

アララギ第4巻第3号

詠草
          湯禿山

古の驛路(うまやぢ)の宿旅人われ一人のせきの部屋にさむしも

年まねく太刀の音きかずふるさとの古き武者窓あられうつなり

逐うてうて(繰り返しの「く」)物とらへ得ぬ萎えとしも年の名殘の黄昏にけり

冬されの野末の石につかれたる心の冷を夕日あむえうも

草はらに流れてきゆる水の音遠くかぞけく心ゆくかも

うつそみを咀ふもろもろ(繰り返しの「く」)集ふかにくれゆく年のいふせくもあるか

いさら川かはべ立ちぐゝみそさゞゐ暮れゆく年の安居せぬかも

ゆく滊車の窓のくゞもりいぶせくも一人こもらふ雪の黄昏

相知らぬ旅人と二人言もなく唯たそがるゝ雪の汽車の内

打霧らす雪の紛れよはつはつ(繰り返しの「く」)に下ちゆく夜の灯さむしも

こゝだくの望の光むなしくもうもれし墓に木葉ちるなり

☆☆☆

最後の歌は、望月光という若い同人の死を悼んだもの。この次の号が望月光追悼号となる。その少し前に堀内卓というこれもまた若い同人が亡くなっており、立て続けに若い仲間が亡くなったらしい。年はかなり離れていたはずだが、同人として集まったりもしていたようなので、ショックも大きかったのでは。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年7月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「捜しもの。」です。

次のブログ記事は「SIMフリーのiPadシリーズとカメラも搭載のiPod touch本日発売。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。