ほぼ日手帳 WEEKS ウォレットカバー ヒッコリーが来た!

| コメント(0)

ほぼ日手帳2015 WEEKSウォレットカバー発売日に注文していたほぼ日手帳2015「WEEKSウォレットカバー ヒッコリーが届きました。

お気に入りのLeeの文庫ブックカバーと一緒に並べてみました。

ほぼ日手帳2015 WEEKSウォレットカバー持った印象は、大きめの長財布のような感じがします。商品名が「ウォレットカバー」という通り、小銭が入るポケットもありますし、もちろんお札やカードなども入りますから、お財布としても使えます。


ほぼ日手帳2015 WEEKSウォレットカバー中にいれるWEEKSは赤いカバーのものが入っているのですが、カバーにセットしてしまうと、何色なのかほとんどわかりませんね。


ほぼ日手帳2015 WEEKSウォレットカバーポケットも多く、手帳をセットしても余裕があるので、ファスナーポケットにペンなどを入れてペンケース兼用にもできそうです。ちなみにペン差しはゴムがきつめで、細いペンしか差せないので、ほぼ日ストアのおまけの3色ボールペンは、かなり無理やり突っ込まないと入りません。とりあえずはクリップをゴムに引っかけてます。

そして今年のWEEKSはシリアル番号入りだそうです。


ほぼ日手帳2015 WEEKSウォレットカバーケースの外側にも、ベルクロ付のポケットあり。


振り返ってみますと、職場でQuoVadisのダイアリーを使うようになったのは、2005年版からでした。ほぼ10年使ってきたわけですね。

伊東屋2005手帳フェアでQuo Vadis - now and then

しかし…今年度に入ってからは今のダイアリーの使用率が激減しているので、早々に12月から本格スタートさせようと思っています。早く使いたいなぁ…と思う反面、せっかくカバーまで買ったのだから、頑張って使わないとと意を決しているところであります。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年9月 8日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏葉社まつりと星を撒いたソーダ」です。

次のブログ記事は「iPhone 6の謎が解けるアップルイベントまであと6時間切りました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。